BBのカバー力とCCの透明感を両立した高機能ベース ラウディ「BB&CCクリーム」

BB&CCクリーム

ラウディ「BB&CCクリーム」をモニターさせていただきました。
クリーム、美容液、乳液、コンシーラー、ファンデーション、メイク下地、日焼け止めの7役が1つになった「BB&CCクリーム」は、“無酸化発想”のうるおい成分をたっぷり配合し、メイク中も肌をやさしく保湿。
つけていることを忘れそうなほど薄づきなのに、気になるシミや毛穴、くすみをしっかりカバー。
BBクリームのカバー力とCCクリームの透明感を併せ持った高機能ベースです。
ラウディ BB&CCクリーム

BBクリームとCCクリームの違いとは?

塗るだけで下地、ファンデーションや日焼け止め効果まであるという点では、BBクリームもCCクリームも同じです。
ざっくりとした違いをいうと、BBクリームは「塗って隠す」というのに対しCCクリームは「光の反射と目の錯覚でカモフラージュする」というものです。
以下にBB、CCそれぞれのメリット・デメリットをまとめてみましたのでご覧ください。

BBクリームのメリットBBクリームのデメリット
●抜群のカバー力
●UV対策ができる
●化粧崩れしにくい
●厚塗り感が出る
●肌に合う色がない
●付け心地が重い
CCクリームのメリットCCクリームのデメリット
●自然な仕上がり
●みずみずしい付け心地
●肌色になじみやすい
●カバー力が弱い
●持続力がない
●結局ファンデーションを重ね塗り

BBのカバー力とCCのスキンケア力をあわせ持った「BB&CCクリーム」

BB&CCクリーム

上の表に書いたように、BBクリーム、CCクリームそれぞれにメリット・デメリットがあります。
そんなBBクリームとCCクリームの欠点を補い、良いところを併せ持たせたのが、今日ご紹介する「BB&CCクリーム」です。

私はどちらかというと、なめらかな使い心地と透明感が出るCCクリームの方が好きなんですが、カバー力がどうしても弱い・・・
そのカバー力も補ってくれる「BB&CCクリーム」はまさに救世主。
薄づきなのに、気になる毛穴やくすみ、薄いシミなどをしっかりカバーしてくれるじゃないですか!
しかもあくまでもナチュラル。
また、時間が経ってもくずれにくいので透明感も持続するんです。

「BB&CCクリーム」を使ってみた感想

1回の使用量はパール1粒大。
スルスルと伸びて肌にフィット。とても軽いつけ心地です。

BB&CCクリームの色

確かにカバー力はBBクリームのよう。それでいて厚塗り感はありません。
そして、CCクリームのようなツヤっとした透明感が出ます。
う~ん、まさにBBクリームとCCクリーム両方のいいとこ取りって感じです。

手に取ったときは結構濃い目の色(私が使っているのはクリアグレージュ)。
自分の肌色に合うのか心配でしたが伸ばしていくと肌色になじみ、さらに丁寧にのばした後はとってもナチュラルな仕上がりになります。

BB%&CCクリームの使い心地

濃い目のシミをしっかりカバーとまではいきませんが、光の反射と目の錯覚のおかげ?
毛穴やクマなどを目立たなくしてくれることで肌色全体が均一に。

この光の反射と目の錯覚というのは、肌を美しく見せるためにかなり効果的なんですよ。
肌にツヤ感が出るとそちらに目が行くので、薄いシミなら気にならなくなります。
もっとカバー力がほしいときやふんわりした肌に仕上げたいときは、パウダーなどを薄く重ねるだけでもOKです。
しっかりメイクをしたいときはコントロールカラーとしてBB&CCクリームを使い、パウダーファンデーションを重ねることでより美しく仕上がります。

使用するタイミングは化粧水の後。乳液やクリームは不要です。
これ1本で、日焼け止め・化粧下地・コンシーラーのすべてを補えます。
保湿効果が高いため、乳液、クリーム、オイルなども必要ありません。
つまり、ローションのあとBB&CCクリームひとつだけでいいんです!
これが本当にラクちん。

Bb&CCクリーム 日焼け止め効果

朝は忙しいので「とりあえず日焼け止めだけでも!」という感じでメイクは後回しになるのですが、「BB&CCクリーム」ならメイクまで完了してしまうんです。
『SPF35・PA+++』なので、UV対策もしっかりできますよ。

時間がたってもくずれにくい理由

くずれにくいのも、うれしいポイントだなと思います。
「BB&CCクリーム」がくずれにくい理由は、肌に伸ばすと水分と油分がなじんでウォータープルーフタイプに変化するから。
つまり、汗や水にも強いため時間がたってもくずれにくいのだそうです。
その持続力は12時間以上ということなので、1日中美肌をキープしてくれるということですね。

エイジングケアにもうれしい成分を配合

ラウディでは、化粧品に含まれる美容成分が「肌の上で酸化」することがエイジングを加速させる要因になっていることに着目。
酸化して肌に残留しない「無酸化の美容成分」だけの成分設計にとことんこだわり、メイクするたびに美肌になれるメイクアップコスメを目指しました。
そこで、5つの美容成分と希少なヒト型セラミドとヒト型コラーゲンを配合
メイクするたびに美肌へ導いてくれるというわけなのです。

また、紫外線によって活性酸素を発生させる酸化チタンを水酸化AIによって特殊コーティングを施すことで、活性酸素の発生を抑え、肌へ酸化物が直接触れないようにも配慮されているのだそうです。

さらに、「紫外線吸収剤、鉱物油、タール系色素、パラベン、着色料、合成香料」これらすべて無添加
もちろん、アレルギーテスト済みです。
メイクによる肌トラブルが心配な方にも優しい成分設計に徹底的にこだわっています。

「BB&CCクリーム」はカバー力や使い心地だけではなく、肌へのいたわりまでも考えてくれているんですね。

日本人の肌にあった2色展開

BB&CCクリーム

これ1本で約2か月分になります。
選べるカラーはどんな肌色にも合う2色展開。
日本人の肌にあったカラーなので、厚塗り感が無く、自然でツヤのある美肌に仕上がります。

●健康的な肌へ魅せる「ナチュラルベージュ」・・・黄み・赤みが気になる方
●透明感のある肌へ魅せる「クリアグレージュ」・・・色白肌の方

▼こちらから購入できます▼
ラウディ BB&CCクリーク

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


コメントに日本語が含まれない場合は、投稿できませんのでご注意ください。(スパム対策)

キャンペーン・おトク情報

シーボディ VCトライアルセット

2013.9.12

進化型ビタミンC「VC200」配合 毛穴・大人ニキビ用スキンケア シーボディVCシリーズ

進化型ビタミンVC200を主成分として開発され、皮膚科処方に限りなく近い成分を配合した「毛穴・ニキビケア用」スキンケアライン「シーボディ V…

管理人が選ぶベストコスメランキング

アイテム別にランキングを発表!

化粧品選びの参考に
いつもの化粧品に手応えを感じにくくなってきたとき、成分で選んでみるのもオススメ。
新成分・話題の美容成分配合化粧品のまとめ

おすすめ記事

カテゴリー

※当サイト内の画像や文章の無断転載・転用については固くお断りします(出典/引用元をリンク付きで記載する場合も含みます)。
ページ上部へ戻る