管理人について

コスメサーチへお越しくださいまして、ありがとうございます。
当サイトでは、実際に使ってみたコスメの使用感、感想などを書かせていただいています。

私について
ハンドルネーム:Kabo 50歳になりました
住んでいるところ:千葉県
出身:北海道

【趣味】
お菓子作り、パン作り、編み物、ネットショッピング。そして時々ダイエット・・・(笑)

【好きなモノ、コト】
ネコ、かわいい雑貨、便利グッズ、カメラ(写真)
50歳になってからは健康にも気を使うようになり、体いに良いと言われているもの(こと)をいろいろ試したりしています。

【ハマっているもの】
ココナッツオイル、スロージューサーで作る酵素ジュース、水素水

【家族構成】
夫、子供2人(大学生♂)、私の4人家族

ここからは、私が50歳になって思ったことを少しお話させていただきます。
興味のある方はお付き合いくださいm(__)m

45歳の転機

私がエイジングケアに取り組むようになったのは、40歳を過ぎてからでした。もちろんそれまでも肌の衰えを感じてはいたものの、いまのような深刻な悩みもなかったのだと思います(子育てに忙しかったというのもあると思うのですが)。ふと気付いたのが45歳ころ。写真に写った自分を見て軽いショック・・・見慣れない自分が写っていたのです。こんなことになっていたとは!
それから、エイジングケアに本気で取り組むようになったのです。

自分の年齢を受け入れながらのエイジングケア

そして50歳を目前にしたある日、お仕事関係ではじめてお会いした方に「え!もうすぐ50歳なんですか!?40歳くらいだと思いました」と言われたんです(多少のお世辞も含まれていたのでしょうが)。10歳若く見られたことはとても嬉しかったのですが、そのとき思ったのが「そっか、10歳若く見えても40歳なんだ。」ということ。つまり、10歳若く見えたとしても、もう決して若いとは言えないのです。
それからは自分の年齢を受け入れる方向にシフトしていきました。
人は誰でも歳をとるのだから、上手に付き合っていこうと。

最近は「こんなところにこんなシワが!」ということが多々あります。なぜできたんだろう?とジーッと見ながら考えてわかったのが、目をしかめたとき、あくびをしたとき、笑ったときなどの表情のクセが関係していたんです。つまり長年の蓄積による表情ジワ。でもこれは私が50年生きてきた上での軌跡(足跡)なんですよね。泣いたり、笑ったり、怒ったり・・・。いろんなことがあって、いままで生きてきたんです。そう思うと、シワも愛おしく思えたりしました。

でも愛しんでばかりもいられません。放っておくわけにもいきません。
若い頃と同じになるのはムリですが、現状維持できることや改善できることがあるはず。
ということで、自分の年齢を受け入れた上でのエイジングケアを日々楽しんでいるのです。
実際、化粧品で肌は変わりますしね。

健康こそ美の秘訣

化粧品は日々進化し続けているので、今もそしてこれからも期待できることがたくさんあります。でももうひとつ、私が常々大切だと感じているは健康であるということ。
体調を崩したり、強いストレスを感じたりすると肌の調子が悪くなるというのは何度も経験済み。そして歳をとればそれだけ回復にも時間がかかるというのもわかっています。
だから日ごろから、食事の栄養バランスを考える、適度な運動を心がける、質の良い睡眠をとる、ストレスをためないなど、健康を保つために気をつけるようになりました。
これも、自分の年齢を受け入れた上でのエイジングケアなんだと思っています。

以上、50歳になって私が思ったことでした。
お付き合いいただきまして、ありがとうございましたm(__)m

お問い合わせはこちらからお願いいたします

運営サイト・ブログ
ぷっち・も~る
家事が変わる本当に使える道具選び
おしゃれで便利なキッチングッズ・生活雑貨
ベルメゾンネットでカタログショッピング
ほんわか暮らしレシピ(日記)

キャンペーン・おトク情報

高濃度プラセンタ100 無料モニター

2015.4.29

50倍濃縮「高濃度プラセンタ100(30粒入り)」無料モニター募集中です

プラセンタは、ヒアルロン酸やコラーゲン、肌の再生力やターンオーバーを促進するEGFとFGFを自然含有するアンチエイジングの強い味方。女性ホル…

おすすめ記事

カテゴリー

※当サイト内の画像や文章の無断転載・転用については固くお断りします(出典/引用元をリンク付きで記載する場合も含みます)。
ページ上部へ戻る