【美白美容液】ランキング

コスメサーチ管理人が実際に使ってみた美白美容液の中から、効果、テクスチャー、価格をもとにベスト3を発表。
美白化粧品(美容液)はシミのタイプや人によって効き方がちがうため、成分の違う3商品をベスト3に選ばせて頂きました。

1位 ポーラホワイトショット
ポーラ ホワイトショットPOLAホワイトショット
過脂化メラニンに着目したホワイトショットクリアセラムSXS。メラニンが過脂化することでシミが濃く居座るという「過脂化メラニン」を世界ではじめて発見。その過脂化メラニンに新成分クリアノールで対抗。利かせたい場所をめがけてと説く浸透性の高い独自開発処方でシミを狙い撃ちします。

【感想】どんな美白美容液も効果を実感するのには時間がかかっていたため、比較的短期間で効果を実感することができたので1位に選ばせて頂きました。特に気に入っているのは、顔全体のくすみ対策におすすめのホワイトショットCXS。1ヶ月ほどでくすみがぬけていくのを実感しました。くすみが改善されるだけでも肌の輝きが違ってきます!ビタミンC誘導体やハイドロキノンでの効果がよくわからなかったという方もポーラ独自のアプローチでシミ対策してみませんか。
レビュー記事はこちら


2位 HAKUメラノフォーカス3D
HAKUメラノフォーカス3DHAKUメラノフォーカス
保湿感がとても高いので乾燥する季節でも使いやすく、美白ケアとしてはもちろん、肌の総合的なレベルアップにもおすすめ。美白有効成分には資生堂が開発した「4MSK」と「m-トラネキサム酸」を配合。また、整肌・保護成分「アンダーシールダー」を配合することで、シミができる肌を整え、2つの美白有効成分を肌の奥までしっかり届け、全方向から効かせます。

【感想】とにかく保湿感が高く使いやすいです!美白化粧品は効果を実感するまでに時間がかかるものなので途中で諦めてしまうことありませんか?肌コンディションがアップする「HAKUメラノフォーカス3D」なら継続したくなるので、結果的に美白効果を実感することにつながると思うんです。使用感ってホント大切。現在のHAKU美白美容液は6代目。以前使ったことがある方も進化したHAKUをぜひ使ってみていただきたいです。
レビュー記事はこちら


3位 VC100フューチャーセラム
VCフューチャーインセラム新型ビタミンC配合美容液 VC×100 フューチャーイン セラム
「100倍浸透型ビタミンC(APPS)」8%と高濃度に配合。肌のすみずみまで届く「マイクロコラーゲン」も配合し、肌にハリを与えます。肌がみずみずしく潤う、高い保湿力も特徴です。

【感想】シミだけではなくシワや乾燥肌にも効果が期待できる100倍浸透型ビタミンC配合美容液です。最近ではビタミンC誘導体配合の美容液もいろいろなメーカーから発売になっていますが、エクスボーテのVC×100フューチャーインセラムは10年以上前という早い時期から販売されていた100倍浸透型ビタミンC配合の美容液です。ゆるやかな効果ではありますが、毎日のお手入れにプラスすることで、新しいシミが定着することがなかったように感じます。シミ、シワ、乾燥という肌トラブル全般を同時にケアしたい方におすすめ。ビタミンC誘導体配合美容液の中でも購入しやすい価格も◎
レビュー記事はこちら

その他の美白美容液のレビュー記事はこちら
美白化粧品全般のレビュー記事はこちら

美白化粧品はシミの漂白剤ではありません

勘違いされている方も多いと思うのですが、美白化粧品(美容液)は漂白剤のようにシミを直接白くするものではありません。
メラニンの生成を抑えたりメラニンの排出を促したりするための化粧品です。

メラニンの生成を抑えつつ、ターンオーバーを繰り返すことで徐々にシミが薄くなっていきます。
1週間や10日で効果が見えるものではないので使い続けることが大切なのです。
少なくとも3ヶ月くらい(ターンオーバー3回くらい)は続けて、様子をみたいものです。

一つの成分で効果が見えてこなかったとしても、他の成分が自分には合っているかもしれません。
そういうことから、いろいろな美白成分を試してみることも必要です。

スポンサーリンク

キャンペーン・おトク情報

ポーラ 顔エステ

2016.5.23

ポーラ顔エステの内容・料金・特徴についてポーラさんからお話しをうかがってきました

新しくなったポーラの「顔エステ」について、ポーラさんからお話しをうかがってきました! 「ポーラ顔エステとは」「顔エステの特徴」「料金につい…

管理人が選ぶベストコスメランキング

アイテム別にランキングを発表!

化粧品選びの参考に
いつもの化粧品に手応えを感じにくくなったとき、成分で選んでみるのもオススメ。
新成分・話題の美容成分配合化粧品のまとめ

おすすめ記事

※当サイト内の画像や文章の無断転載・転用については固くお断りします(出典/引用元をリンク付きで記載する場合も含みます)。
ページ上部へ戻る