【美白美容液】ランキング

コスメサーチ管理人が実際に使ってみた美白美容液の中から、効果、テクスチャー、価格をもとにベスト3を発表。
美白化粧品(美容液)はシミのタイプや人によって効き方がちがうため、成分の違う3商品をベスト3に選ばせて頂きました。

1位 ポーラホワイトショット
ポーラ ホワイトショットPOLAホワイトショット
過脂化メラニンに着目したホワイトショットクリアセラムSX。メラニンが過脂化することでシミが濃く居座るという「過脂化メラニン」を世界ではじめて発見。その過脂化メラニンに新成分クリアノールで対抗。利かせたい場所をめがけてと説く浸透性の高い独自開発処方でシミを狙い撃ちします。

【感想】どんな美白美容液も効果を実感するのには時間がかかっていたため、比較的短期間で効果を実感することができたので1位に選ばせて頂きました。顔全体のくすみに効果のあるホワイトショットCXと一緒に使用中。ホワイトショットCXは1ヶ月ほどでくすみがぬけていくのを実感。部分用美白美容液「ホワイトショットクリアセラムSX」は長年居座り続けるシミに効果が見え始めたのが使いはじめて2ヶ月くらいたった頃です。ビタミンC誘導体やハイドロキノンでの効果がよくわからなかったという方もそのシミはもしかして「過脂化メラニン」かもしれませんよ。
レビュー記事はこちら


2位 アンプルール ラグジュアリーホワイトHQ
アンプルール ラグジュアリーホワイトラグジュアリーホワイト HQトライアルキット 「まるでシミの消しゴム!?」と言われて、美容雑誌などでも多く取り上げられている、アンプルールのシミ専用スポット美容液。アンプルール独自の「新安定型ハイドロキノン」をシリーズ最高濃度で配合されています。

【感想】ハイドロキノンは一般的な美白成分と比較して、シミの原因であるチロシナーゼの活性化を抑制する効果が約100倍と言われています。また、これらの働きに加え「メラニンを薄くする」還元作用にもすぐれています。効果はじわじわという感じですが、長く続けることでメイクで隠せるくらいになりました。皮膚科へ行かずに自宅でケアをしたいという方にも、皮膚科医が作ったラグジュアリーホワイトHQはおすすめです。
レビュー記事はこちら


3位 VC100フューチャーセラム
VCフューチャーインセラム新型ビタミンC配合美容液 VC×100 フューチャーイン セラム
「100倍浸透型ビタミンC(APPS)」8%と高濃度に配合。肌のすみずみまで届く「マイクロコラーゲン」も配合し、肌にハリを与えます。肌がみずみずしく潤う、高い保湿力も特徴です。

【感想】シミだけではなくシワや乾燥肌にも効果が期待できる100倍浸透型ビタミンC配合美容液です。最近ではビタミンC誘導体配合の美容液もいろいろなメーカーから発売になっていますが、エクスボーテのVC×100フューチャーインセラムは10年以上前という早い時期から販売されていた100倍浸透型ビタミンC配合の美容液です。ゆるやかな効果ではありますが、毎日のお手入れにプラスすることで、新しいシミが定着することがなかったように感じます。シミ、シワ、乾燥という肌トラブル全般を同時にケアしたい方におすすめ。ビタミンC誘導体配合美容液の中でも購入しやすい価格も◎
レビュー記事はこちら

その他の美白美容液のレビュー記事はこちら
美白化粧品全般のレビュー記事はこちら

美白化粧品はシミの漂白剤ではありません

勘違いされている方も多いと思うのですが、美白化粧品(美容液)は漂白剤のようにシミを直接白くするものではありません。
メラニンの生成を抑えたりメラニンの排出を促したりするための化粧品です。

メラニンの生成を抑えつつ、ターンオーバーを繰り返すことで徐々にシミが薄くなっていきます。
1週間や10日で効果が見えるものではないので使い続けることが大切なのです。
少なくとも3ヶ月くらい(ターンオーバー3回くらい)は続けて、様子をみたいものです。

一つの成分で効果が見えてこなかったとしても、他の成分が自分には合っているかもしれません。
そういうことから、いろいろな美白成分を試してみることも必要です。

スポンサーリンク

キャンペーン・おトク情報

BMペプチド柚子味

2017.10.20

進化したコラーゲンペプチド「BMペプチド5000」からゆず味登場!はじめてセットが期間限定51%OFF

ゼラチン・コラーゲン製造において国内シェアNo.1の「ニッタバイオラボ」で販売しているゼリータイプのコラーゲン「BMペプチド5000」から“…

管理人が選ぶベストコスメランキング

アイテム別にランキングを発表!

化粧品選びの参考に
いつもの化粧品に手応えを感じにくくなったとき、成分で選んでみるのもオススメ。
新成分・話題の美容成分配合化粧品のまとめ

おすすめ記事

カテゴリー

※当サイト内の画像や文章の無断転載・転用については固くお断りします(出典/引用元をリンク付きで記載する場合も含みます)。
ページ上部へ戻る