ホームベーカリーで作るパンのレシピと簡単手作りお菓子のレシピをご紹介しています

menu

MKホームベーカリーとお菓子のレシピ

パン作りに最適!0.1gやmlが計れる「タニタクッキングスケール」

0.1gやmlまで計れるタニタクッキングスケール

最近ベーカーズパーセントでパンを作ることが多いので、0.1gまで計れるクッキングスケールを購入しました。
しかもg(グラム)だけではなく、ボタンひとつでmL(ミリリットル)まで計れるパン作りに最適なクッキングスケールなんです。

主な仕様

0.1gまで計れるタニタクッキングスケール
●『ON/OFF』ボタンで電源のONとOFF
●『0表示』ボタンを押すことで容器の重さを差し引ける追加計測(風袋引き)が可能
●『微量』ボタンを押すことで0.1g(0.5g)まで計測できるようになる
●『g/mL』ボタンで単位を切り替えることができる

<補足>
0表示
『0表示』は、容器を乗せた後に押すことで「0」グラムに設定できるボタンです。
「0」にした後容器の中に材料を入れても材料の重さだけを計ることができます。

タニタクッキングスケール 0表示について

「0表示」機能を使えば
パンケースを乗せる⇒『0表示』⇒水を入れる⇒『0表示』⇒小麦粉を入れる⇒『0表示』⇒バターを入れる『0表示』・・・
というよに材料を入れるたびに『0表示』を押せば、足したり引いたりの計算が不要になります。
また、mlも計量できるのでパンケース一つで計量することが可能です。

微量
計る重さによって、0.1g/0.5g/1g と表示単位が違います。
0.1g単位で計れるのは300gまでです。
0~300g・・・0.1g
300~1500g・・・0.5g
1500~3000g・・・1g

g/mL
mLは水または牛乳で切り替えができます。

タニタクッキングスケール ml軽量で水と牛乳を計れます

1g単位では微妙な数字だったことがよくわかりました

水や牛乳を計るのに計量カップを使っていましたが、これって「見た目」なんですよね。
クッキングスケールを使うことで計量カップで計る見た目は正確さに欠けていたのだということがよくわかりました。

計量カップで100mLを計ってクッキングスケールに乗せてみたら104mLと表示されました。
計量カップで計った100mLは100mLではなかったのです!
4mL減らしピッタリ100mLにすると、なんて気持ちがいいんでしょう~

タニタクッキングスケールで牛乳を計る

もうひとつ、1g単位では187gと表示された小麦粉を0.1g単位で計ってみたら186.8gでした。
実は微妙に足りていなかったのですね。逆に重さがオーバーしていたときもあったのでしょう。

タニタクッキングスケール0.1g単位で微妙な量を計る

そんな微妙な数字を気にする必要はないと言えばそうなんですが、この微妙な量もパン作りには大切なことだったのかもしれません。
特にベーカーズパーセントを使ってパンを作るときには0.1g単位は必須です。
ベーカーズパーセントについてはこちらで説明しています

その他使ってみて感じたことは、1g単位のクッキングスケールと比べると計測が早いということ。
数字が上下にウロウロせず、ピタッと決まるように感じます(0.1gまで計れるから?)。

大きさ・収納について

大きさはこれくらいで、すっきりしたデザインです。

0.1gまで計れるタニタクッキングスケールの大きさ
0.1gまで計れるタニタクッキングスケールの厚み

プラスチック製の丈夫な専用収納ケース付きなので、立てたり横にしての収納が可能。
引き出しの中にも収納しやすいです。
また、万が一上に物が乗ってもケースに入っていれば安心です。

タニタクッキングスケールは収納ケース付き

乾電池がついてくるので、購入後すぐに使うことができます。

●最大計量:3000g
●オートパワーオフ:約6分
●電源:単三乾電池2本使用(付属)
●サイズ:D 210mm × W 150mm × H 33.5mm (計量皿140×140mm)
●重量:約 445 g (電池含む)
●付属品:取扱説明書(保証書付)、単3乾電池2本

にほんブログ村 料理ブログ ホームベーカリーパン作りへ

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク