記事の詳細

セラフィット プレミアを長持ちさせるための4つのポイント

どんな道具にも正しい使い方やコツがあるように、セラフィットにも長持ちさせるためのコツがあります。

セラフィットの焦げ付きを予防するための扱い方ポイント

特に気を付けたいのは次の4つの点です。

  1. 強火で調理しない
    熱伝導率がよいため、弱火~中火で十分調理委出来ます。
  2. 金属製の調理器具は、できるだけ使わない
    コーティングが傷つき性能が劣化します。シリコン、ナイロン、木製調理器具がおすすめ。
  3. 調理後、フライパンに水をかけて急冷しない
    急激な温度変化はコーティングを劣化させる原因になります。
  4. 空焚きをしない
    セラフィット プレミアの耐熱温度は200℃です。空焚きで高温になるとコーティングを傷める原因になります。オーブンで調理する場合も温度に注意。

くっつきやすくなる原因は、表面のコーティングが傷ついたり剥がれたりするからです。
上記の4つは“スベ~ル”を持続させるためにも重要なポイントですので、ぜひ押さえておいてくださいね。

お手入れの際の注意点

  • 粗いスポンジや金属たわし、研磨パッド、メラミンスポンジを使用しない
  • 塩素系漂白剤の使用は不可

どちらも表面のコーティングを傷つけます。
焦げ付いてしまった場合には重曹を使って、表面が変色してしまった場合はお酢を使ってお手入れをします。
ゴシゴシこすってはいけません。

セラフィット 重曹でのお手入れ方法
※重曹、お酢でのお手入れ方法は取り扱い説明書、スタートガイドに詳しく掲載されています

もう一つ基本的なことですが、使い終わったら隅々まできれいに洗って水気を残さないことも大切です。
その点で言えば取っ手の取れるセラフィットは食器感覚で洗えるので、お手入れがとってもラクちんです。

セラフィットでハンバーグを焼いた後のお手入れ

なんだかいろいろと面倒なフライパンだなと思うかもしれませんがこの4つの注意点、実はテフロン加工(フッ素樹脂加工)のフライパンも同じなんです。
他にも、鋳物ホーロー鍋(ル・クルーゼなど)の扱いの注意点もほぼ同じです。
強火で調理できる鉄のフライパンは火加減に気を使いませんが、油をなじませておかないとくっつくし、お手入れを怠ると錆びてきますよね。
つまり、セラフィットだけが扱い方が特別というわけではなく、どんな道具にも長く愛用するためのコツがあるということなんです。

次は、セラフィットプレミアの仕様についてです。

ページ:
1

2

3 4 5

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ベルメゾンネット

運営サイト・ブログ

コスメサーチコスメサーチ
エイジングケアコスメのレビュー

ホームベーカリーとお菓子のレシピホームベーカリーとお菓子のレシピ
簡単パンとお菓子のレシピ

家事が変わる本当に使える道具選び家事が変わる本当に使える道具選び
厳選!家事便利グッズのレビュー

高校生男子のお弁当 毎日簡単ラク弁日記毎日簡単ラク弁日記
息子たちのお弁当写真とレシピ

ほんわか暮らしレシピほんわか暮らしレシピ
日々の徒然日記

スロージューサーで朝ジュース生活スロージューサーで朝ジュース生活
酵素ジュースのレシピもあります

ローカロ生活 ダイエット体験レポートローカロ生活ダイエット体験レポート
5㎏の減量に成功したダイエットレポート

おしゃれで便利なキッチングッズ・生活雑貨おしゃれで便利なキッチングッズ・生活雑貨 旧レビューブログ

フェリシモ「コレクション」

※当サイト内の画像や文章の無断転載・転用については固くお断りします(出典/引用元をリンク付きで記載する場合も含みます)。詳しくはこちらをお読みください

ページ上部へ戻る