記事の詳細

ティファールのフライパンの特徴と私が長く愛用する理由

私が愛用しているティファールの取っ手付きフライパン。いま使っているのは4代目になります。
ずっとティファールを選ぶのは使い慣れているというのもありますが、やはり使いやすいからです。
側面も汚れにくい加工がされているのでずっとキレイでお手入れがラク。
作りがしっかりしているので、丈夫で長持ち。
ものすごく高価なわけでもないのに耐用年数が長い。
そして“温度が見えるお知らせマーク”がとても便利で、これがないフライパンでは不便を感じるほどです。

買い替えるたびにサイズが大きくなって(子供たちの食べる量に合わせて)、それと同時にグレードもアップしていきました。
グレードをアップした理由は、サイズが大きくても熱伝導がいいのではと考えたからです。

温度が見える「お知らせマーク」が便利な2つの理由

ティファールの特徴のひとつは、温度が見える「お知らせマーク」が付いている点です。
フライパンが適温になったらマークの模様が消えるので、お料理をフライパンに入れるタイミングが一目でわかります。

こちらは旧お知らせマーク。

ティファール 温度が見えるお知らせマーク

2016年3月以降に発売になったシリーズはマークが新しくなっています。

ティファール 新お知らせマーク

旧マークの場合は模様がすべて消えますが、新マークは「T」の周りの点々だけが消えるのでタイミングにご注意くださいね。

適温になってから食材を入れるので、ジュッと気持ちのいい音がします。
理想的な温度で調理がスタートできるから、焦げすぎることもないし、食感もよくなります。

もう一つの便利な点は、空焚きを防げることです。
空焚きを続けると耐熱温度以上に熱せられ、コーティングが剥がれやすくなります(有毒ガスが発生する可能性もあります)。
フライパンが適温になったときに食材を入れれば温度が下がり、耐熱温度以上にならずコーティングを傷めにくくなります。
お知らせマークの付いているティファールならこのタイミングが一目でわかるため、つねに空焚きを防ぐことができるのです。
結果、長持ちすることにつながります。

耐久性に優れた中面コーティング

ティファール 中面のチタンコーティング

新シリーズの『IHエクセレントシリーズ』と『プレミアシリーズ』には、強靭なチタン素材をコーティングに採用することで、従来より3倍長持ちするようになりました。
5層、6層などの違いもありますので、詳しくはこちらの表でご確認ください。

外面も汚れにくいのでお手入れ簡単、キレイが長持ち

ティファールのフライパン 汚れが付きにくい外面

フッ素樹脂コーティングされている内面の汚れが落ちやすいのはもちろんですが、外面も汚れにくいんです。
ティファールのフライパンは外面にもフッ素樹脂加工が施されているため、汚れがスルンと落とせます。
だからキレイな状態を長くキープすることができます。

現在使用しているガス火用最高グレード(購入当時)のものは1年以上ほぼ毎日使用していますが、こびりつきにくさは新品のときとまったく変わりません。
底面に少し汚れやキズが付いてきましたが(ほとんど気にならない程度)、側面はツルンときれいなままです。

他にも、熱変形の強度に優れている。取っ手の作りがしっかりしているなどの特徴があります。
私としては、『軽い』のもありがたいです。

ティファールのフライパンの買い替え時

ティファールのフライパンがいくら丈夫であるといっても、永久に使えるわけではありません。
いつかはフッ素樹脂加工が剥がれてきて、それと同じくらいの時期に外面にも汚れが付くようになってきます。
買い替え時は、「こびりつきやすくなってきた」が目安になりますが、その他に「お知らせマークの色が変化しない」も私は一つの目安にしています。
※長く使っていると、お知らせマークの色が変化しなくなります

いま使っているのはこの2種類

1年以上使っているのは、インテルラル ジュエルの28cmです。

ティファール インテグラルジュエル

色と取っ手のデザインがとても気に入っています。
ラメっぽい輝きが入った高級感のあるエンジ色です。

ティファール インテグラルジュエル 取っ手のデザイン

底面は、熱変形に強いディスク付き。
熱をすばやく均一に伝え、料理をおいしく仕上げます。

ティファール インテグラルジュエル 底面

28cmって相当大きいように感じると思いますが、実際に使ってみるとそうでもないんですよ。
焼きそば、チャーハンなら2人前、ハンバーグ(手のひらサイズ)なら5~6個焼ける大きさです。

新シリーズが発売になってからも一つ購入しています。
こちらは、ガス火用最高グレードシリーズのサンライズプレミア20cmです。

ティファール サンライズプレミア

インテグラルジュエルと色が似てるかなと思ったのですがやはり違い、それよりも明るいエンジ色でした。
色を揃えるなら同じシリーズを選ばないとだめですね。
底面は全体に模様が入っています。

ティファール サンライズプレミア底面

中面は凹凸のあるように見えますが模様です。表面は平らです。

ティファール サンライズプレミア 中面

20cmは主に朝食作りに使っています。
目玉焼きが1度に2つ作れます。親子丼なら1人前。

ティファール取っ手付きフライパンの蓋について

ティファール取っ手付きフライパンに対応している蓋は、ガラス蓋フライパンカバーの2種類になります。
ガラス蓋が欲しかったのですがガラス蓋は1種類しかなく、対応するプライパンのサイズは26cmと27cmだけだったんです。
残念・・・
ということで、フライパンカバーの方を購入しました。

ティファール フライパンカバー

適応サイズは24~30cm。

ティファール フライパンカバー

アルミ部分はシリコンポリエステル加工なので、汚れをサッと落とせます。
中が見えるガラス窓付きで、このガラス窓はドーム型になっているため水滴が落ちやすく、中の様子も確認しやすいです。

ティファール フライパンカバー

自立するスタンド付きなのですが、3点で支えているためとても安定感があります。

ティファール フライパンカバー 自立できるスタンド付き

フライパンカバー

ガラス蓋

ティファールの価格について

ティファールの進化も関係してると思うのですが、2代目のフライパンは3年。3代目は約4年半使いました。
4年半使ったフライパンは2,980円で購入しているので(たぶんセールの時)1年で700円ほどです。
いま使っているのは、4,000円で購入しました(こちらもたぶんセールの時)。
仮にこのフライパンも4年使えたとしたら1年で1,000円の計算になります。
実は安いフライパンを何度も買い替えるよりコストパフォーマンスがいいんです。
もともとの作りがしっかりしているので、使用する際の注意点に気をつければ、間違いなく長く使うことができるフライパンです。

もくじ
1.ティファールのフライパンの違いが分かりにくい理由
2.ティファール取っ手付きフライパン シリーズ別比較
3.ティファールのフライパン どう選んだらいいのか
4.ティファールのフライパンを長く愛用するための6つの注意点
5.ティファール取っ手付きフライパンの特徴 私が長く愛用する理由

line730

スポンサーリンク

ページ:
1 2 3 4

5

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ベルメゾンネット

運営サイト・ブログ

コスメサーチコスメサーチ
エイジングケアコスメのレビュー

ホームベーカリーとお菓子のレシピホームベーカリーとお菓子のレシピ
簡単パンとお菓子のレシピ

家事が変わる本当に使える道具選び家事が変わる本当に使える道具選び
厳選!家事便利グッズのレビュー

高校生男子のお弁当 毎日簡単ラク弁日記毎日簡単ラク弁日記
息子たちのお弁当写真とレシピ

ほんわか暮らしレシピほんわか暮らしレシピ
日々の徒然日記

スロージューサーで朝ジュース生活スロージューサーで朝ジュース生活
酵素ジュースのレシピもあります

ローカロ生活 ダイエット体験レポートローカロ生活ダイエット体験レポート
5㎏の減量に成功したダイエットレポート

おしゃれで便利なキッチングッズ・生活雑貨おしゃれで便利なキッチングッズ・生活雑貨 旧レビューブログ

フェリシモ「コレクション」

※当サイト内の画像や文章の無断転載・転用については固くお断りします(出典/引用元をリンク付きで記載する場合も含みます)。詳しくはこちらをお読みください

ページ上部へ戻る