記事の詳細

常々、色や柄がバラバラの洗濯用洗剤や柔軟剤のボトルをおしゃれなものに変えたいなと思っていました。
シンプルな英字入りのボトルなども検討していたのですが、やっぱりネコ柄のものを買ってしまいました~

ネコの手書き風イラストかわいい洗濯洗剤・柔軟剤ボトル

清涼感のある真っ白なボトルにネコの手書き風イラストがかわいい、洗濯洗剤用の詰め替えボトルです。
このボトルはシリーズ物で、洗剤、柔軟剤、おしゃれ着洗い、漂白剤の4種類とジェルボール用があります。
私が購入したのは、柔軟剤、おしゃれ着洗い用の2種類とジェルボール用の3点です。

ネコランドリー 液体洗剤・柔軟剤用ボトル

ネコの手書き風イラストがかわいい柔軟剤・おしゃれ着洗い詰め替えボトル

柔軟剤用はふわふわのネコ、おしゃれ着洗い用は着飾ったネコというように、用途別にネコのイラストがそれぞれ違います。

柔軟剤、おしゃれ着洗い用詰め替えボトルのイラスト

また、かわいいだけじゃなく、品質も安心の日本製。
使い勝手もちゃんと考えられています。

注ぎやすいノズル部分とメモリ付きキャップは、メーカー製品と変わらない使いやすさです。

洗剤、柔軟剤のノズルとメモリ付きキャップ

そして、メーカー製品よりも使いやすかった点はノズル部分が外せるところです。
一般的なボトル洗剤のノズル部分は外すことができないので、詰め替えのときはいつも緊張します。
でも、ノズル部分が外せるこちらのボトルは注ぎ口が大きいので(シャンプーボトル位の大きさ)、詰め替えがとってもラクちんなんです。

ノズル部分が外せるので詰め替えらくらく

私が購入したのは500mlサイズのものですが、750mlの大きいサイズもあります。
洗濯回数が多く、頻繁に詰め替えるのが面倒な方には大きいサイズの方がいいかもしれませんね。

ネコランドリー ジェルボール洗剤用容器

こちらはジェルボール洗剤用の容器になります。
市販のジェルボール洗剤一袋がちょうど入るサイズになっています。

ネコの手書き風イラストがかわいいジェルボール用容器

ジェルボール用なんですが、私は粉せっけんを入れるのに使っています。
うちで使っている粉せっけんはこちらなんですが、容器の柄があんまりにもアレなもので、出しっぱなしにはしたくない感じだったんですよね。
これで出しっぱなしにできるようになりました・・・というか、見て見て!って言いたいくらい。
500gの洗剤が余裕で入る大きさで、目いっぱいなら約700gが入ります。

ネコの手書き風イラストがかわいいジェルボール詰め替え容器

見た目はおしゃれなホーロー容器風ですが、実際は樹脂製なので錆びたりもしませんよ。

ネコランドリー 泡ハンドソープ用容器

ネコの手書き風イラストがかわいいハンドソープ容器

もう1点、同シリーズで泡ハンドソープ容器もあったので買ってしまった~
かわいいネコのイラストはもちろんなんですが、アンティーク風のゴールドのポンプも気に入ってしまいました。

ネコランドリー 泡ハンドソープ容器

ポンプは金属製ではなく錆びる心配のない樹脂製です。
見た目だけじゃなく使い勝手にもこだわっている点は、さすが日本製だなと感じます。
泡で出てくるハンドソープ専用ですのでお間違えなく。

他にもあります「ネコランドリー」シリーズ

ネコランドリーシリーズには、今日ご紹介した商品の他にも、うがい用のコップや歯ブラシスタンドがあります。

line730

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ベルメゾンネット

運営サイト・ブログ

コスメサーチコスメサーチ
エイジングケアコスメのレビュー

ホームベーカリーとお菓子のレシピホームベーカリーとお菓子のレシピ
簡単パンとお菓子のレシピ

家事が変わる本当に使える道具選び家事が変わる本当に使える道具選び
厳選!家事便利グッズのレビュー

高校生男子のお弁当 毎日簡単ラク弁日記毎日簡単ラク弁日記
息子たちのお弁当写真とレシピ

ほんわか暮らしレシピほんわか暮らしレシピ
日々の徒然日記

スロージューサーで朝ジュース生活スロージューサーで朝ジュース生活
酵素ジュースのレシピもあります

ローカロ生活 ダイエット体験レポートローカロ生活ダイエット体験レポート
5㎏の減量に成功したダイエットレポート

おしゃれで便利なキッチングッズ・生活雑貨おしゃれで便利なキッチングッズ・生活雑貨 旧レビューブログ

フェリシモ「コレクション」

※当サイト内の画像や文章の無断転載・転用については固くお断りします(出典/引用元をリンク付きで記載する場合も含みます)。詳しくはこちらをお読みください

ページ上部へ戻る