記事の詳細

保護猫を譲り受けてから早いもので1年がたちました。
我が家の猫たちはシステムトイレ「デオトイレ」を使用しているのですが、1年使った感想と実際に使ってみてわかったこと感じたことをお話します。

デオトイレとは その特徴

デオトイレ

デオトイレは通常の猫用トイレとは違い、固まらない猫砂を使用します。
猫砂がオシッコを上段のスノコを通過させ、通過したオシッコは下に敷いているシートが吸収するシステムトイレです。
猫砂とシートどちらにも消臭効果があるため、閉めきったお部屋でもニオイが軽減できます。

デオトイレのシート

猫砂(消臭サンド)は約1ヶ月間交換不要。
また、飛び散らず粉立ちしにくいため、トイレ周りが汚れにくくなります。

シートは1週間分のオシッコを吸収するため、オシッコの度にトイレ掃除をする必要がありません。
長時間留守にする方や多頭飼いの方には特におすすめしたいシステムトイレです。

1年間使ってみてわかったこと感じたこと

臭いについて
まず臭いですが、本当に臭いません。
オシッコをした後に砂とシートのニオイを嗅いでみても、まったく気になりません。
シートのいい香りがするだけです(香りなしタイプでも石鹸のような香りがします)。

ただ、2週間くらい使っているとオシッコのニオイが気になってくることがあります。
砂もシートも臭ない・・・ではニオイの原因はどこに?
ニオイの原因はスノコでした。
オシッコが通過するスノコには、どうしても汚れが残ってしまうようです。
二匹飼っているためトイレは3つ用意しているのですが、トイレによって使用回数に偏りが出ることもあるんですよね。
よく使うトイレは汚れやすいです。
それと、必ずしもスノコのある真ん中で用を足すとは限らないため、スノコ周辺にもニオイが残ってしまうようです。

デオトイレ オシッコが下に流れる仕組み

ですので、猫砂やシートが臭わないとしても、本体を丸洗いする必要はあります。
私は気になったときはもちろんですが、砂を全交換するタイミングでトイレ本体を丸洗いしています。
そうしないとトイレの前でたたずむ子がいるもので・・・(汗)

トイレの前でたたずむ猫

スノコだけ別売りがあるといいのになと思います。

シートも1週間交換不要といっても、トイレによって使用回数に偏りがあれば交換するタイミングは2~3日になることもあります。
人が思っているとおりにネコは行動しないってことですよね(笑)
シート交換のタイミングを間違えなければ、漏れることはありません。

砂の飛び散りについて
デオトイレ 消臭サンド(猫砂)

外に飛び散りにくい砂のため、小さい頃は使用の度にトイレ周りの掃除はほぼ不要でした。
でも大きくなってからは力いっぱい張り切って砂をかくことがあり、毎回ではないのですが、外に砂が飛び散っているときがあります。
粉立ちは気になったことはありません。

デオトイレの洗い方

日常的なお手入れはウェットシートで気になるところを拭く程度ですが、ニオイが気になるとき、砂を全交換するときには丸洗いをしています。
丸洗い方法は、スノコ以外は中性洗剤を使って洗います。

デオトイレのセット内容

大変なのはスノコ部分です。
隙間に砂が挟まってしまうため、取るのがなかなか厄介です。

デオトイレのスノコに砂が挟まる

スノコの洗い方は、スノコがしっかり浸かるくらいの水にクエン酸を溶かし、しばらくつけておきます。
つけておくと、挟まった砂も外れやすくなります。
スノコがしっかり浸かる大きさの容器等がない場合は、シートを入れておくトレイで代用することも可能なようです。
クエン酸を使用するとオシッコ臭は気にならなくなります。

その後スノコの隙間を歯ブラシなどで丁寧にこすり洗いし、水で流します。

スノコ洗いはちょっと大変ですが、1日に何度も必要なトイレの掃除がウンチをしたときだけでいいので、かなり楽をしていると思います。
以前多頭飼いで通常トイレを使っていたときは、トイレ掃除ばかりやっていたなと思い出します。

フード付きを購入しました

トイレの数は猫の数+1と言われていますが、ちょっと神経質っぽい子がいるため、もうひとつ追加購入(4つ目)。
今回はフード付きにしてみました。

でオトイレフード付き

たて・横は同サイズですが高さがある分、なかなか存在感のある大きさです。
フードは開閉できるため、お手入れのときも邪魔になることはありません。

デオトイレ フード付き

どんなトイレでも使用後すぐに掃除をすれば臭うことはないのですが、私が助かるなと思うのは掃除の回数が少なくて済むことです。
ネコにとっても、いつもキレイなトイレを使えるのは気持ちがいいと思いますしね。
デオトイレは長時間外出する方にもおすすめだと思いますよ。

▼ハーフカバータイプはこちら▼

▼子猫用(小さいサイズ)はこちら▼

▼フード付きはこちら▼

▼大きいネコちゃん用ワイドタイプ▼

デオトイレ購入を考えている方へのプチ情報

デオトイレハーフカバータイプの価格は1,900円前後です。
3,000円以上の価格で販売しているお店もあるのでご注意ください。

砂はすぐになくなるので4つセットでの購入が安心です。
中でも最安値はこちらのお店(2019年9月現在)⇒デオトイレ 飛び散らない消臭・抗菌サンド(4L*4袋セット)[快適ねこ生活]

デオトイレの砂は不燃ごみです(ゼオライト、シリカゲルのため)。
自治体によっては可燃ごみで出せる場合もあるので確認してみてください。
なお、可燃ごみとして出せるのはパルプでできた飛び散らない緑茶成分入り消臭サンドです。

デオトイレ関連記事

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ベルメゾンネット
ベルメゾンネット
ベルメゾンネット

運営サイト・ブログ

コスメサーチコスメサーチ
エイジングケアコスメのレビュー

ホームベーカリーとお菓子のレシピホームベーカリーとお菓子のレシピ
簡単パンとお菓子のレシピ

家事が変わる本当に使える道具選び家事が変わる本当に使える道具選び
厳選!家事便利グッズのレビュー

高校生男子のお弁当 毎日簡単ラク弁日記毎日簡単ラク弁日記
息子たちのお弁当写真とレシピ

ほんわか暮らしレシピほんわか暮らしレシピ
日々の徒然日記

スロージューサーで朝ジュース生活スロージューサーで朝ジュース生活
酵素ジュースのレシピもあります

おしゃれで便利なキッチングッズ・生活雑貨おしゃれで便利なキッチングッズ・生活雑貨 旧レビューブログ

フェリシモ「コレクション」

ベルメゾンネット

※当サイト内の画像や文章の無断転載・転用については固くお断りします(出典/引用元をリンク付きで記載する場合も含みます)。詳しくはこちらをお読みください

ページ上部へ戻る