記事の詳細

成型済みの冷凍パン生地で作ったメロンパンとあんぱんをご紹介します。
このパン生地は、解凍・二次発酵が不要なので、袋から出したら予熱しておいたオーブンで焼くだけ。
トータル30~40分ほどで、誰でもおいしい焼き立てパンを作ることができます。

解凍不要の冷凍パン生地とは

解凍不要の冷凍パン生地

「解凍してから焼く」冷凍パン生地は他にもありますが、このパン生地のすばらしいところは、成型済み、二次発酵不要、解凍不要という点です。
つまり、袋から出したらオーブンで焼くだけ。
解凍する時間が必要なく、オーブンの余熱時間を入れても30~40分ほどで完成するので、ちょっと早起きすれば、朝食にも間に合います!

解凍不要の冷凍パン生地で作るパンの焼き方

1.オーブンを190℃に予熱します。
2.パン生地は個包装になっているので、食べたい分だけ出します。

冷凍パン生地は個包装

3.オーブン皿に並べオーブンで14~18分焼きます(今回は18分焼きました)。

冷凍パン生地で作るパンの焼き方

4.完成。

冷凍パン生地を使ったパン完成

ね!とっても簡単でしょう!?

焼く前の生地はペシャンコなのですが・・・

冷凍パン生地(メロンパン)冷凍の状態

焼き上がるとふっくら。高さは3倍くらいに膨れます。
冷凍状態から焼くので、メロンパンに網目をつけられないのが残念ですが、クッキー生地はカリッカリ。

冷凍パン生地で作るメロンパン

あんぱんは、もっちりとしたパン生地で、中にはあんこがたっぷり入っています。

冷凍パン生地で作るあんぱん

今回購入したのはオイシックスですが、この魔法の冷凍パン生地を作っているのは、和歌山県に本社を置く株式会社ブーランジュリーピノキオ。
オーナーである石倉氏が開発した「発酵済冷凍パン」です。
今日ご紹介したメロンパンとあんぱんの他にも、デニッシュ、バターボールなど種類は豊富です。
ぜひ「朝食に焼き立てパン」の夢、叶えてください。

こちらで購入できます
ふくらむ魔法の冷凍パン(ブーランジュリー ピノキオ)

すぐに食べないときは冷凍保存で焼き立て状態をキープしましょう

早めに食べ切るのが一番ですが、食べきれない場合は新鮮なうちに冷凍保存するのがおすすめです。
冷蔵庫で保存する方もいると思いますが、実はパンの劣化を一番早めてしまうのが冷蔵庫の温度帯なんです。

※冷蔵庫の温度は常温に比べてパンに含まれるでんぷんの老化を早く進めてしまいます。
※水分の蒸発も常温に比べて早くなります。

焼きあがったパンの粗熱が取れたら1個ずつラップをし、冷凍用の保存袋に入れ冷凍します。
その際パンがつぶれない程度に空気を抜くのがポイントです。

自然解凍でそのまま食べることもできますが、温めたい場合は冷凍状態のまま、予熱しておいたオーブントースターで焼けばOKです。

line730

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ベルメゾンネット
ベルメゾンネット
ベルメゾンネット

運営サイト・ブログ

コスメサーチコスメサーチ
エイジングケアコスメのレビュー

ホームベーカリーとお菓子のレシピホームベーカリーとお菓子のレシピ
簡単パンとお菓子のレシピ

家事が変わる本当に使える道具選び家事が変わる本当に使える道具選び
厳選!家事便利グッズのレビュー

高校生男子のお弁当 毎日簡単ラク弁日記毎日簡単ラク弁日記
息子たちのお弁当写真とレシピ

ほんわか暮らしレシピほんわか暮らしレシピ
日々の徒然日記

スロージューサーで朝ジュース生活スロージューサーで朝ジュース生活
酵素ジュースのレシピもあります

おしゃれで便利なキッチングッズ・生活雑貨おしゃれで便利なキッチングッズ・生活雑貨 旧レビューブログ

フェリシモ「コレクション」

ベルメゾンネット

※当サイト内の画像や文章の無断転載・転用については固くお断りします(出典/引用元をリンク付きで記載する場合も含みます)。詳しくはこちらをお読みください

ページ上部へ戻る