記事の詳細

野菜不足を感じるときや「晩ご飯のおかず、あと一品!」というときにとっても便利な「茅乃舎の和風ピクルスの素 」をご紹介します。
茅乃舎の和風ピクルスの素は、純米酢に昆布だし・鰹魚醤を加えた、うまみのある甘酢です。
この甘酢調味液に漬けておくだけで、おいしいピクルスが完成するというもの。
酸味が少なく、出汁がきいているので、野菜が止まらなくなりますよ~

和風ピクルスの作り方

茅乃舎 和風ピクルスの素

お酢、調味料などで味が完成されている調味液なので、自分で調味料を加える必要はありません。
切った野菜を2倍に薄めた「和風ピクルスの素」に浸けるだけなので手間いらず。
余った野菜を使い切るのにも便利ですよ。

浸けるのは半日~3日ほど。
朝のうちに仕込んでおけば夕飯には食べられます。

茅乃舎 和風ピクルスの素

半日では味が薄いと感じる場合は、1日~3日と浸けてみて、好みの漬かり具合で食べるタイミングを見つけてください。
漬け込むほどに野菜も柔らかくなります。

私はポリポリっとした食感で食べたいので、長くても1日浸けるくらいが好きです。
中までしっかり味が染み込んでいなくても、元々のだしの味、お酢の味がいいので、物足りなさはありません。

茅乃舎 和風ピクルスの素で漬けたピクルス

夕飯のおかずが一品助かるし、なんといっても簡単。
やさしい和風だしがいい感じに効いていて、酸味も強くないから食べやすいんです。
いくらでも食べられちゃうから、野菜をたっぷりとることもできます。
ビールのおつまみにもぜひどうぞ。

他にも、れんこん、ごぼう、セロリ、エリンギ、みょうが等々・・・
とにかく「和風ピクルスの素」に浸けるだけ。いろいろ挑戦したくなるので楽しいですよ。

生のまま食べられるキュウリやダイコン、セロリなどはそのまま漬けるだけ。
れんこん、ごぼうなどの固い野菜はサッと茹でて、温かいうちに漬け込むのがポイントです。

どんな容器で漬ければいいの?

私はガラスの密封保存容器を使っていますが、浸ける容器はボウルでも、どんぶりでもプラスチックの容器でも、野菜が漬け込み液にかぶるものならどんなものでもOKです。

和風ピクルスの素の漬け込み容器

私が使っているガラスの密封容器は無印良品で購入。容量は750ml。

無印用品 ガラスの密封保存容器
ソーダガラス密封ビン 約750ml

おいしいものは中身が違う

茅乃舎 和風ピクルスの素 素材

茅乃舎の和風ピクルスの素は、化学調味料・保存料無添加。
国産純米酢、鹿児島県産の魚醤、北海道産の昆布を使用という贅沢な調味液。
おいしいものはやっぱり中身が違いますね。

1本の容量は300ml入りと少なめですが、薄めて使うのでわりとたっぷり使えます。

茅乃舎 和風ピクルスの素 容量・大きさ

浸け終わった「和風ピクルスの素」はこんなふうに再利用しています

野菜を浸けた後の和風ピクルスの素は、鶏肉を煮たり、甘酢あんにしたりして使っい切っています。
スライス玉ねぎを漬けた液にオリーブオイルを混ぜ合わせると、ドレッシングに早変わり。
浸けた野菜とゆで玉子を刻みマヨネーズであえ、タルタルソースを作ることもあります。

茅乃舎はだしパックもおいしいんです

茅乃舎 だしパック

自分でも昆布とかつお節で出汁はとっていましたが、この味を知ってからは茅乃舎だしパックオンリーです。
この味は自分では真似できません!
いつものお料理の味がワンランクもツーランクもアップすること間違いなし。
出汁の味って、本当に大切なんだなと感じます。
小袋タイプで使いやすいというのも◎。
袋から出して粉のまま使うこともできます。

茅乃舎だしパック、和風ピクルスの素はこちらから購入できます

line730

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ベルメゾンネット
ベルメゾンネット
ベルメゾンネット

運営サイト・ブログ

コスメサーチコスメサーチ
エイジングケアコスメのレビュー

ホームベーカリーとお菓子のレシピホームベーカリーとお菓子のレシピ
簡単パンとお菓子のレシピ

家事が変わる本当に使える道具選び家事が変わる本当に使える道具選び
厳選!家事便利グッズのレビュー

高校生男子のお弁当 毎日簡単ラク弁日記毎日簡単ラク弁日記
息子たちのお弁当写真とレシピ

ほんわか暮らしレシピほんわか暮らしレシピ
日々の徒然日記

スロージューサーで朝ジュース生活スロージューサーで朝ジュース生活
酵素ジュースのレシピもあります

おしゃれで便利なキッチングッズ・生活雑貨おしゃれで便利なキッチングッズ・生活雑貨 旧レビューブログ

フェリシモ「コレクション」

ベルメゾンネット

※当サイト内の画像や文章の無断転載・転用については固くお断りします(出典/引用元をリンク付きで記載する場合も含みます)。詳しくはこちらをお読みください

ページ上部へ戻る