記事の詳細

先日「ベルメゾンデイズ」の発表展示会で見せていただいた、「手入れのしやすさを考えた鉄製フライパン」をご紹介します。

上手に使えば一生ものである鉄製のフライパンですが、使用前のならし(空焼き、油をなじませる)や日々のお手入れが大変で、使うのを躊躇しているまたは使ってみたけど上手にお手入れができなかったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今日ご紹介する「手入れのしやすさを考えた鉄製フライパン」はその名のとおり、「鉄」なのにすぐに使えてお手入れ簡単なフライパンです。

frypan4

鉄のフライパン メリット・デメリット

鉄のフライパンのメリット
●高温調理が可能
●傷が付きにくく寿命が長い
●鉄分が取れる

鉄のフライパンの場合、ソテーや野菜炒めなど高温で調理したいお料理に向いています。卵を入れたときに「ジュッ!」という軽快な音が聞けるのも高温調理が可能な鉄製ならではです。傷が付きにくいので、フライ返しヘラなどは素材を選びません。

鉄のフライパンのデメリット
●使いはじめのならしが必要
●お手入れが必要
●重い

鉄のフライパンを購入したら、空焼きをし油をなじませるという作業が必要です。洗剤の使用は不可。しっかりと乾かしておかないと錆びてしまいます。大きさにもよりますが、中華鍋のように大きなものは重さもそれなりになり、女性には扱いにくいかもしれません。

デメリットを克服!使う人のことをとことん考えた鉄製フライパン

ベルメゾンデイズの鉄製フライパンは使う前の面倒な「焼き入れ」は不要。届いたらすぐに使うことができます。その秘密は、航空機や自動車部品などのサビ防止にも使われる窒化加工。鉄の硬度を上げて丈夫にし、サビにくさも実現しました。

ベルメゾンデイズ 手入れのしやすさを考えた鉄製フライパン

さらに、内側に施された凹凸加工のおかげで、焦げ付きにくくもなっています。

ベルメゾンデイズ 手入れのしやすさを考えた鉄製フライパン 凹凸加工

重さは20cmサイズで約650g。26cmサイズで約1150gですので、一般的な鉄製フライパンとさほど変わらないのですが、持ちやすい工夫がされています。持ち手はくぼみ付きで握りやすく、コンロや使う人の背の高さから計算して持ちやすい角度になっています。

ベルメゾンデイズ 手入れのしやすさを考えた鉄製フライパン 持ちやすい持ち手

使用前の焼き入れ不要、お手入れ簡単、計算された持ちやすさなど、使う人のことをとことん考えたフライパンだなと思います。

安心の日本製

「手入れのしやすさを考えた鉄製フライパン」は、金属加工職人の伝統を受け継ぐ技術力の高さと安定した品質が世界でも認められている、金属製品の一大生産地として有名な新潟県の燕市・三条市で作られています。日本製であるというのも嬉しいポイントですよね。

鉄製のフライパンの「ジュッ!」という音やこんがりと焼けるソテーを想像すると使ってみたいなと思いますが、自分はちゃんと使いこなせるのだろうか?と不安になります。でも焼き入れやならしが必要なく、お手入れも簡単なベルメゾンデイズの「鉄製フライパン」なら、一生ものとして使えますね!

※燕三条で作る女性のための鉄製フライパン[日本製]は販売終了しました

ベルメゾンネットで購入できる鉄製フライパンはこちら
鉄製フライパン(ベルメゾンネット)icon

スポンサーリンク


関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ベルメゾンネット
ベルメゾンネット
ベルメゾンネット

運営サイト・ブログ

コスメサーチコスメサーチ
エイジングケアコスメのレビュー

ホームベーカリーとお菓子のレシピホームベーカリーとお菓子のレシピ
簡単パンとお菓子のレシピ

家事が変わる本当に使える道具選び家事が変わる本当に使える道具選び
厳選!家事便利グッズのレビュー

高校生男子のお弁当 毎日簡単ラク弁日記毎日簡単ラク弁日記
息子たちのお弁当写真とレシピ

ほんわか暮らしレシピほんわか暮らしレシピ
日々の徒然日記

スロージューサーで朝ジュース生活スロージューサーで朝ジュース生活
酵素ジュースのレシピもあります

おしゃれで便利なキッチングッズ・生活雑貨おしゃれで便利なキッチングッズ・生活雑貨 旧レビューブログ

フェリシモ「コレクション」

ベルメゾンネット

※当サイト内の画像や文章の無断転載・転用については固くお断りします(出典/引用元をリンク付きで記載する場合も含みます)。詳しくはこちらをお読みください

ページ上部へ戻る