広範囲にある小さなシミ・そばかすを厚塗り感なしでカバーするなら資生堂のファンデーションブラシ131がおすすめ

資生堂のファンデーションブラシ131

更年期障害の症状が現れたころ、目の下に細かいシミが増えてきてしまいました。
コンシーラーで一つずつ消していけるようなものではないので、ファンデーションを重ね塗りして目立たせないようにしていたのですが厚塗り感が否めないんですよね。

さてどうしたものかと悩んでいたとき思い出したのが資生堂のファンデーションブラシ131です。
思ったとおり!
厚塗り感なしで、広範囲にある細かいシミをうまくカバーしてくれました。
やっぱりこのブラシは優秀だわ~
資生堂 ファンデーション ブラシ 131(専用ケース付き)

ファンデーションブラシ131の特徴と私のお気に入りの理由

「資生堂ファンデーションブラシ131」とは、テクニックフリーでプロのメーキャップアーティストの技を再現すると評判のファンデーション用ブラシです。
このブラシの特徴と私のお気に入りの理由をまとめてみるとこんな感じ。

●簡単に使えるのに仕上がりがとにかくきれい
●つやが出るし粉とびもなし
●重ねても厚塗りになりません
●つけているときの肌感触が気持ちいい
●パウダー、クリーム、リキッドとファンデーションを選ばない

はじめは何気なく買ったブラシでした

資生堂ファンデーションブラシ131

このブラシを買ったきっかけは「すみっこに残ったパウダリーファンデーションもこれなら取りやすいだろう」と思ったから。
もちろん評判の良さは知っていたんですが、「私が使っても本当にプロのような仕上がりになるのかな?」思っていました。
自信がなかったというのかな。
でも使ってみると実に使いやすい!
肌への当たりもやさしく、評判の良さに納得でした。

「メーキャップアーティストの仕上げる肌は違う」と言われるのは本当で、肌にファンデーションを塗布する際の力加減というのは実はとても難しいテクニックらしく、素人ではファンデーションの「つき方」に違いが出てきてしまのだそうです。
そのプロが仕上げる技がテクニックフリーで再現できるブラシとして開発されたのがファンデーションブラシ131なんです。
監修は資生堂ビューティートップスペシャリスト岡元美也子さんです。

ファンデーションブラシ131
誰が使っても、どのタイプのファンデーションを使っても、肌表面の凹凸に均一にファンデーションを塗布できる用具を開発。自然なのに肌悩みが見えない、透明感や立体感があり、化粧もちの良いプロが仕上げたような美肌づくりを実現します。スポンジとブラシを徹底比較して両方のいいとこを取り入れた結果、このブラシが誕生しました。
※資生堂ワタシプラスより引用させていただいています

資生堂ファンデーションブラシ131

簡単!キレイ!カバーしているのに素肌っぽい

まず一番ありがたいところは、素人の私でも“使い方が簡単”なところ。
ファンデーションをブラシに含ませたら、しっかりカバーしたい部分に軽くトントンとたたき込みます。
クルクルではなくトントンするのがポイントです。

資生堂ファンデーションブラシ131

あとは全体に軽くおさえるようになじませ、フェイスラインはササっと滑らせれば完成。
重ね付けするとカバー力がアップするのに仕上がりは素肌っぽく、あくまでも自然。
使い慣れるまで“トントン”するのがまどろっこしい感じがするかもしれませんが、慣れてくると全然気になりませんよ。
ムラなく顔全体均一にふんわり乗せられるので、スポンジを使うより断然仕上がりがキレイです。

ワザあり!粉含みのよい混毛ブラシ

適度な長さと、縮毛と直毛のバランスで、ファンデーションの粉含みが違うんだそうですよ。
また、コシとしなりを持つ毛先形状で、皮ふの凹凸の細部まですき間なくムラなく密着します。
柔らかく、肌触りもとてもソフトです。

資生堂ファンデーションブラシ131

絶妙な斜めカットもポイント

計算されたこの斜めにカットされた毛並みもポイントで、肌にあてると顔の凹凸に合わせて毛先が広がり、きちんとフィット。
小鼻や目の下などの細かい部分も、むらなくファンデーションが乗せられるんです。

資生堂ファンデーションブラシ131

持ち運びに便利な専用ケース付き

専用ケース付きなので持ち運びも可能。
ポーチに入れておいても邪魔にならない大きさなので、外出中のメイク直しのときにもおすすめです。

資生堂ファンデーションブラシ131収納ケース付き

ファンデーションブラシ131のお手入れ

普段はティッシュペーパーなどでブラシに残っているファンデーションを拭きとるだけでOK。
汚れたときは、ぬるま湯に中性洗剤を薄く溶かして軽く振り洗いをし、十分にすすぎ、完全に乾かします。
毛が密だからなのか乾きにくい感じがするので、私は洗い替え用として2本用意してあります。
使ってみて気に入ったら、もう1本用意しておくといつでも使えて便利ですよ。

まとめ

ファンデーションをブラシで塗るなんて難しそうと思うかもしれませんが、資生堂ファンデーションブラシ131は本当に使い方が簡単なんです。
トントンと肌に乗せていくと、いつのまにかキレイにファンデーションが塗れているって感じです。
広範囲にある小さなシミ・そばかすをコンシーラーで消したり、ファンデーションの重ね付けでカバーするのに疲れちゃった方にもぜひ使ってみていただきたいブラシです。
資生堂 ファンデーション ブラシ 131(専用ケース付き)

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


コメントに日本語が含まれない場合は、投稿できませんのでご注意ください。(スパム対策)

キャンペーン・おトク情報

シーボディ クレイC-Iソープ

2015.6.23

シーボディ クレイソープ(現品)が今だけ3,200円⇒500円

いまシーボディでは、通常価格3,200円のクレイソープが500円で購入できるキャンペーンを実施中です! シボディのクレイソープは、「毛穴が…

管理人が選ぶベストコスメランキング

アイテム別にランキングを発表!

化粧品選びの参考に
いつもの化粧品に手応えを感じにくくなってきたとき、成分で選んでみるのもオススメ。
新成分・話題の美容成分配合化粧品のまとめ

おすすめ記事

※当サイト内の画像や文章の無断転載・転用については固くお断りします(出典/引用元をリンク付きで記載する場合も含みます)。
ページ上部へ戻る