HAKU 日中美白美容液 メラノフォーカスUV 日焼け止め・下地にもなる美容液です

HAKU 日中美白美容液 メラノフォーカスUV

HAKUの日中美白美容液メラノフォーカスUVを使ってみました。
HAKUメラノフォーカスといえば、先日ご紹介したメラノフォーカスEVがありますが、メラノフォーカスUVは、HAKUの美容成分に日焼け止め・化粧下地がプラスされた日中使用する美容液です。

HAKUメラノフォーカスUVを使ってみた感想

使用するタイミングは乳液の後になります。
使用量は1円玉大程度。伸びがよく、肌へのフィット感がとてもいいです。少しピンク色をしていてシミやくすみをさりげなくカバー。トーンアップ効果があるそうで、明るく透明感のある仕上がりになる点も気に入っています。

HAKUメラノフォーカスUVのテクスチャー

化粧下地としても使えるそうですが、こちらについては「うーん」って感じかな。というかマキアージュの下地が優秀すぎてその代わりとまではいきませんでした。

.

ひとつ気になったのは、「紫外線散乱剤」特有の粉っぽさです。顔についている分には気にならないのですが、メラノフォーカスUVがついている手で髪の毛を触ると、髪の毛がキシキシしてしまうんです。すぐに手を洗ったり拭いたりすれば問題ありませんが、ちょっと気を使ってしまいますね。

HAKUメラノフォーカスUV

もともと化粧下地としてではなくメイクをしない日の日焼け止めを探していたので、トーンアップ効果で肌にツヤが出るのは得した気分です。SPF50+ PA++++なので日焼け止め効果は十分です。

紫外線防止剤には「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」があり、これらを組み合わせることで防止効果を達成しています
紫外線散乱剤とは
主に粉体で、肌の表面で受けた紫外線を乱反射させて逃がし、肌内部へ侵入するのを防ぐ働きをしています。
見た目は白くサラサラとした粉状で、触るとキシキシとした感触があります。主な成分として、酸化亜鉛や酸化チタンが挙げられます。

紫外線吸収剤とは
透明で滑らかな液体で、吸収剤そのものが紫外線を吸収し、熱エネルギーなどに変化させて肌表面から放出させ、肌内部に紫外線の影響が及ぶのを防ぐものです。肌に紫外線を吸収しやすくしたり、肌が熱くなるような心配はありません。

よく『ノンケミカル処方』という言葉を耳にすると思いますが、これは紫外線吸収剤を使用せず、紫外線散乱剤のみで構成される日焼け止めを指しています。

さらにHAKUの美白有効成分4MSKを重ねる

HAKUのクッションファンデ使えば、HAKUの美白有効成分4MSKの重ねづけに!

ボタニック サイエンス 薬用 美容液クッションコンパクト

HAKUのクッションファンデはカバー力があり、みずみずしく、重ねても厚塗り感が出ないところが気に入っています。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


コメントに日本語が含まれない場合は、投稿できませんのでご注意ください。(スパム対策)

aflink2023-6

キャンペーン・おトク情報

bisai2

2015.7.7

腸内フローラに注目した美容スムージー「美-菜(びさい)」卵殻膜と野菜の栄養がギュッと詰まっています

卵殻膜コスメアルマードから、体の中から美しくなることに“とことん”こだわった美容スムージー「美-菜(びさい)」が発売になりました。話題の腸内…

管理人が選ぶベストコスメランキング

アイテム別にランキングを発表!

化粧品選びの参考に
いつもの化粧品に手応えを感じにくくなってきたとき、成分で選んでみるのもオススメ。
新成分・話題の美容成分配合化粧品のまとめ

おすすめ記事

※当サイト内の画像や文章の無断転載・転用については固くお断りします(出典/引用元をリンク付きで記載する場合も含みます)。
ページ上部へ戻る