世界初メラニンの「過脂化」に着目したPOLAホワイトショットクリアセラムSX

ポーラ ホワイトショットEX

POLAから今年発売になったスポット用美白美容液ホワイトショットクリアセラムSXを使ってみました。ホワイトショットクリアセラムSXは、脂質の酸化=“過脂化”状態に着目した新しい美白美容液です。利かせたい場所をめがけて届く浸透性の高い独自開発の処方でシミを狙い撃ちしてくれます。

ポーラ ホワイトショット

ポーラの先端研究が生み出したサイエンスの結晶「ホワイトショット」シリーズ

先日POLAさんの勉強会に参加させていただく機会がありました。
そこで今日ご紹介するホワイトショットのお話しを聞き、さらに2ヶ月、3ヶ月使用した方の例を見せていただき、「私も絶対3ヶ月続けてみる!」という思いにかられ、すぐに購入してしまいました。


POLAL ホワイトショット

居座るシミにアプローチする ホワイトショットクリアセラムSX

紫外線対策をしていても濃くなるシミがある。また、美白美容液を使っているのに効果が目に見えないという方も多いはず。
その原因はもしかして紫外線ではなく身体の中の脂質の酸化によるのかも!?

老化要因として「糖化」「酸化」はご存知の方も多いですよね。
それと同じく「過脂化」も老化要因として注目の分野なんです。
過脂化とは脂質が酸化してしまうこと(過酸化脂質)。
POLAはメラニンも過脂化することでシミが濃く居座るという「過脂化メラニン」を世界ではじめて発見しました。

わかりやすい例で言うと、キッチンの油汚れも時間がたつと落ちにくくなりますよね。
または、Yシャツの襟やそで口の汚れも皮脂が混ざることで汚れが落ちにくくなります。
それと同じようなことで、脂が混ざると汚れは落ちにくくなるのです。

過脂化メラニンは、通常のメラニンより2倍色が黒く、肌の奥の基底膜にベタっとくっついてなかなか排出されないため、頑固なシミになってしまうんですって。
その過脂化メラニンに新成分クリアノールで対抗。利かせたい場所をめがけてと説く浸透性の高い独自開発処方で、シミを狙い撃ちするのが、ホワイトショットクリアセラムSXなんです。

ホワイトショット クリアセラムSXの使い方

使用するのは化粧水の後。朝、夜使用できます。
使用量は、気になる部分一ヶ所につき小さめのパール1粒分。
これを丁寧になじませ、気になる部分をしっかりおおうように塗布します。

少量でも伸びのよいクリームで、とても使いやすいテクスチャーです。
そして塗ったところにピタッと密着する感じです。

美白美容液は高価なものが多いのでついつい遠慮がちに使ってしまいがちですが、本当は正しい量を使うというのがとても大切なんですよね。
ホワイトショット クリアセラム SX は、手に持った写真をご覧いただくとわかると思うのですが、使う量(小さめのパール1粒分)に対してけっこうな量が入っているんですよ。これはかなり持ちもいいんじゃないかな?
1度に使う量にもよりますが、1ヶ月じゃなくならないかも。
そう思うと、たっぷりと使うこともできるんですよね~。

私は日光アレルギーがあるため、紫外線対策にはかなり気を使っているし、美白化粧品も年間を通して使っています。
それでもどうしても消えないシミというのがあるんですよね。
もしかしたらこれが過脂化メラニンなのかも?
なかなか消えないシミは紫外線ではなく老化による「過脂化」が原因かもと思った方は、試してみる価値がありますよ!
試しやすいミニサイズもあります。

ホワイトショットCX

一緒に使用しているのがこちら。こちらはご存知の方も多いですよね!
2012 ベストコスメ5冠受賞しているポーラの先端研究が生み出したサイエンスの結晶「ホワイトショット CX」です。

ホワイトショット CXは、先ほどご紹介したスポット用美白美容液とは違い、顔全体に使う美白美容液です。
黒ずみには美白成分「ルシノール®」「ビタミンC誘導体」と保湿成分「マジョラムエキス」「ショウキョウエキス」の新複合成分「ルシノール® CX」を届けます。
黄ばみ対策として、保湿成分「YACエキス」も配合。
YACエキスは肌の糖化に着目し、ヨモギから高濃度の抽出したポーラオリジナル保湿成分です。

ホワイトショットCXの使い方

使用するのは化粧水の後、朝と夜使えます。使用量は2プッシュ分です。

サラッとしたテクスチャーながら、保湿感バツグン!
これを顔全体につけた後に、先ほどご紹介したホワイトショット クリアセラムSXをつけるのですが、クリアセラムSXを一生懸命塗っていたらなんとなく時間が過ぎて、お手入れが完了した気分になり・・・クリームを塗るのを忘れることが数回ありました(^^ゞ
つまり、それくらい保湿感が高いということなんです。

ホワイトショットCXとホワイトショットクリアセラムSX、どちらか一つでもいいのでは?と思ったのですが、これもお洗濯を例にとって言うと、全体の黄ばみをとるのが普通の洗濯用洗剤ですよね。でもシミ部分にはスポット用洗剤を使います。
それと同じで、使い分けが肝心なんだそうです。
顔全体用とスポット用のテクスチャーの違いは、シミ部分は角層が厚くなっているので、クリームで柔らかくするという処方になっているからなんですって。

ホワイトショット インナーロックSX

ホワイトショットシリーズには、もうひとつの商品があります。
それがこちら、ホワイトショット インナーロックSXです。

こちらも過脂化に着目したもので、過酸化脂質を発生させにくくするサプリメント、食べるホワイトショットです。
ポーラ オリジナル成分「ブランノール(R)」を配合。溶解されにくい「ブランノール(R)」を「シクロデキストリン」に包むことで、より効果的な吸収をサポートするインナーデリバリー処方を採用。

お酒をよく飲む、タバコを吸う、野菜が不足している、運動不足、ストレスが多い、睡眠が足りていないなどの生活習慣で、体内では過脂化がはじまっているかも??
生活習慣が気になる方は、こちらも合わせて摂るといいかもしれませんね。

ポーラ ホワイトショットはこちら.

毎度のことながら話がくどくてごめんなさいね・・・でも最後にもう一つだけ。
ポーラさんの美白研究ってものすごく歴史があり、美白研究をはじめたのが戦後まもなくの1951年なんだそうです。
1951年って、マッカーサーがアメリカに帰った年です\(◎o◎)/!
さらに、いまでは珍しくなくなったビタミンC誘導体を化粧品にはじめて安定配合したのもポーラさんなんだそうですよ。
最近では、化粧品のオリンピックと言われているIFSCC(国際化粧品技術者会連盟)で、美白テーマで最優秀賞を受賞しています。

ポーラ 公式ショップはこちら

スポンサーリンク

関連記事

コメント

    • Kabo
    • 2013年 8月 26日

    ●にゃんさんへ
    はじめまして。Kaboです。
    コメントありがとうございました^_^
    私の方がにゃんさんのコメントに感動しています!
    とても嬉しい言葉の数々・・・本当にありがとうございます。

    私がいろいろな化粧品を使ってみているのは、たぶんにゃんさんよりも老化が深刻だからだと思いますよ(笑)

    わたしもにゃんさんのサイトへお邪魔させていただきますね♪
    これからもどうぞよろしくお願いします(*^^*)

  1. kaboさん初めまして。
    にゃんと申します。

    2ヶ月ほど前からアフィリエイトを始めた者で、某本に貴サイト様がお手本として掲載されていたので、お邪魔させて頂きました。

    サイトの作り込みがとても丁寧で、ページを開いたときから感動してしまい、すっかりkaboさんのファンになってしまいました!
    商品の紹介も、実際に使われての感想ばかりなので、とても判りやすかったですし、信憑性がありました。
    初心者の私にはお手本だなんてとんでもない、最終的にこのくらいに辿り着けていたら万々歳だという理想形でした!

    高額商品はなかなか自分でも手に入れるのが難しくて、紹介したくてもさわりくらいしかできていない現状です。
    それでもいつか絶対使うんだ!という心意気で更新を続けています。
    まだまだ先は長いですが、kaboさんのようになれるまで頑張って続けていきたいと思っています。

    余りの感動に、ついついコメントを残さずには居られませんでした。ご無礼をお許し下さい。
    またお邪魔させて頂きたく思います。
    更新を楽しみにしていますね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


コメントに日本語が含まれない場合は、投稿できませんのでご注意ください。(スパム対策)

キャンペーン・おトク情報

ヒアルロン酸 美潤 お試し8日分100円

2009.4.18

飲む低分子ヒアルロン酸コラーゲン「ヒアルロン美潤」のお試し8日分100円にリニューアル

飲む低分子ヒアルロン酸 美潤を1週間試してみました。 40代も半ばになると、ヒアルロン酸とかコラーゲンを摂取するとその効果が顕著に現れ…

管理人が選ぶベストコスメランキング

アイテム別にランキングを発表!

12000円で買えるB.Aのクリーム

レビュー記事はこちら

化粧品選びの参考に
いつもの化粧品に手応えを感じにくくなってきたとき、成分で選んでみるのもオススメ。
新成分・話題の美容成分配合化粧品のまとめ

おすすめ記事

※当サイト内の画像や文章の無断転載・転用については固くお断りします(出典/引用元をリンク付きで記載する場合も含みます)。
ページ上部へ戻る