飲む低分子ヒアルロン酸コラーゲン「ヒアルロン美潤」のお試し8日分100円にリニューアル

ヒアルロン酸 美潤 お試し8日分100円

飲む低分子ヒアルロン酸 美潤を1週間試してみました。

40代も半ばになると、ヒアルロン酸とかコラーゲンを摂取するとその効果が顕著に現れるので嬉しいやら悲しいやら・・・(苦笑)
今回試してみたのは飲む低分子ヒアルロン酸 美潤です。
飲む低分子ヒアルロン酸「美潤」はお肌の老化に悩む奥様のために薬剤師さんが開発したサプリメントです。

体内のヒアルロン酸が不足すると乾燥がすすむ?

image

ヒアルロン酸は体内の各組織に存在し、細胞間にたっぷり水分を蓄えたりクッションの働きをすることから、関節などの潤滑剤になったりなどもしています。
また、ヒアルロン酸は1グラムあたり6000mlの水を保持することができるとされています。
でも残念なことに老化によりヒアルロン酸の量は減っていってしまうため、体内に水分を保持する力が弱まり、肌が乾燥してきてしまうのです。
乾燥肌でお悩みの方は、加齢にともなうヒアルロン酸の減少が原因かもしれませんよ。

年代別ヒアルロン酸の水分保持率
子供~20才代 100~80%
30才代 65%
50才代 45%
60才代 25%以下

20歳代はもちろん、30歳代もまだまだいける!感じですが、40~50歳代になるとさすがに補給しなくちゃいけないのがわかりますね。
ただ化粧品などで外からの補給もそうですが、体内からの摂取もヒアルロン酸ならなんでも良いというわけではありません。

分子量が大きすぎる成分は飲んでからの吸収が悪く、もちろんお肌からの吸収も悪いという事になります。
同じヒアルロン酸の名前がついたサプリメントでも、低分子であるかそうじゃないかが実は重要なんです。

「美潤」は体への吸収率が良い低分子ヒアルロン酸

飲む低分子ヒアルロン酸「美潤」はその名のとおり低分子ヒアルロン酸です。
つまり、体への吸収率が高いといえます。

ヒアルロン酸美潤

もうひとつ大切なことは、ヒアルロン酸を支えるためにはコラーゲンが重要な役割をはたすということ。
いくらヒアルロン酸を摂取してもそれを支えるためのコラーゲンが不足していては保水力を高めることはできません。

じゃあコラーゲンも一緒に摂取しなくちゃダメ?

いいえ、大丈夫です!
ヒアルロン美潤にはヒアルロン酸とコラーゲンが結合した状態(ECM・E)で配合されているので、よほど体内中のコラーゲンだけが減少している方でない限り、ヒアルロン美潤以外にコラーゲンは必要ないのです。

体内から摂取するため顔だけじゃなく、手やかかとのカサカサ、関節の痛みなどにも効果が期待できるんですよ。
実は、1ヶ月くらい前から肩が痛くって・・・たぶん50肩??
これも改善されるとウレシイな~と思っているのでした。

美潤がよくわかるテキスト付
お試しセットには「ヒアルロン酸美潤にこだわった7つのポイント」が書かれたテキストが入っていました。

飲む低分子ヒアルロン酸「美潤」7つのこだわり

きれいになるためのヒアルロン酸選び7つのポイントが詳しく書かれていて、これを読むだけでもヒアルロン酸のこと、美潤のことがよくわかります。
美潤を作った薬剤師さんの誠実な思いが伝わってきて「続けてみようかな」と思えました。

ヒアルロン酸美潤はこんな方におすすめ

●乾燥肌でお困りの方
●お肌にハリがなくなってきたと感じている方

ヒアルロン酸美潤 お試し8日分100円

お試しサイズは8日分入って、通常価格3,300円(税込)のところ ⇒ 100円(税込)送料無料です。
購入後、電話勧誘などはいっさいありませんでした。

ECM-Eの特許取得!低分子ヒアルロン酸がお試し100円

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


コメントに日本語が含まれない場合は、投稿できませんのでご注意ください。(スパム対策)

キャンペーン・おトク情報

ヒアルロン酸 美潤 お試し8日分100円

2009.4.18

飲む低分子ヒアルロン酸コラーゲン「ヒアルロン美潤」のお試し8日分100円にリニューアル

飲む低分子ヒアルロン酸 美潤を1週間試してみました。 40代も半ばになると、ヒアルロン酸とかコラーゲンを摂取するとその効果が顕著に現れ…

管理人が選ぶベストコスメランキング

アイテム別にランキングを発表!

12000円で買えるB.Aのクリーム

レビュー記事はこちら

化粧品選びの参考に
いつもの化粧品に手応えを感じにくくなってきたとき、成分で選んでみるのもオススメ。
新成分・話題の美容成分配合化粧品のまとめ

おすすめ記事

※当サイト内の画像や文章の無断転載・転用については固くお断りします(出典/引用元をリンク付きで記載する場合も含みます)。
ページ上部へ戻る