紫外線による乾燥対策におすすめ!日中用しっとりタイプの薬用美容乳液エリクシールデーケアレボリューション

夏 紫外線

気温も高くなり、そろそろ化粧品をさっぱりタイプのものに変えようかなと考えている方もいるのではないでしょうか。でもちょっと待って!本当にいまのお肌はさっぱりタイプで大丈夫ですか?

夏でもしっかり保湿が大切な理由

夏は皮脂分泌が多くなるのでさっぱりとした感触のものを使いたくなると思うのですが、実はこの皮脂分泌には乾燥が深くかかわっているというのをご存知ですか?

空気が乾燥していれば乾燥肌タイプの方は、肌がカサカサになってしまいますよね。
では脂性肌タイプの方の場合はどうでしょう。
実は空気が乾燥してくると、これ以上の水分蒸発を防ごうとして肌が皮脂をどんどん分泌します。
これが乾燥する時期でも肌がテカテカになってしまう原因です。
逆にいえば、しっかりと保湿していればカサカサしないのはもちろん、余分な皮脂の分泌も押さえられるのです。

夏は意外と乾燥している!

夏でいえばエアコンの効いた室内は乾燥してしまいます。また紫外線も肌を乾燥させる原因のひとつです。
だから乾燥肌の方も脂性肌の方も、夏でもしっかり保湿することが大切です。
肌のテカリを気にしてあぶら取り紙で皮脂を取り過ぎたり、洗顔のしすぎも乾燥を加速させてしまうので注意が必要です。

日焼け止め効果もあるしっとりタイプの美容液

私が愛用しているのは、使用3年目に突入した薬用美容乳液「エリクシール デーケアレボリューション 」です。

エリクシール デイケアレボリューション

主に日焼け止め乳液として使っているのですが、やっぱりこれが一番保湿感が高いし、私には合っているようです。
しかも、夏でもさっぱりタイプではなく、しっとりタイプを愛用。
肌の乾燥が押さえられるので、余分な皮脂の分泌も少なく、化粧崩れもしにくくなります。

はじめに使ってみたのは、美白タイプの「エリクシールホワイト デーケアレボリューション」のしっとりタイプです。夏だったのでたぶんこれを選んだんだと・・・
でもちょっと保湿感が私には物足りなく、「エリクシール デーケアレボリューション 」のしっとりタイプに変更。これに落ち着きました。

エリクシール デーケアレボリューションとは

エリクシール デイケアレボリューション

朝きちんとメイクをしても夕方になると疲れた顔になっていて、ビックリとすることってありませんか?
これは、夕方になると肌のくすみ、ファンデーションのヨレなど、肌の見た目はどうしてもくずれてしまうからなんです。そんな悩み対応したのが「エリクシール デーケアレボリューション 」です。

デーケアレボリューションは、まるで肌にマスクをしたかのように、美容成分やうるおいを絶え間なく角層に浸透させることで、夕方まで美肌を持続させてくれるという美容液。
さらに、忙しい朝でもササッと使えるよう、乳液、化粧下地、プロテクターの3つの機能を兼ね備えています。

SPF30、PA+++ 紫外線対策もしっかりできます

エリクシール デーケアレボリューション

朝の洗顔後すぐに紫外線対策をするというのは美肌のためにはとても大切なことです。
でも忙しくてついつい・・・ということもありますよね。
そんな時でもこれを付けていればメイク前から紫外線対策はバッチリ。
しかもローションのあとこれ一つでOKなので、忙しい朝もラクチンですよ。

エリクシール デーケアレボリューション

トライアルセットでも試せます
トライアルセットは、洗顔、化粧水、乳液、美容乳液(デーケアレボリューション)の4点セット。
資生堂 エリクシール シュペリエル トライアルセット

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


コメントに日本語が含まれない場合は、投稿できませんのでご注意ください。(スパム対策)

キャンペーン・おトク情報

シーボディ VCトライアルセット

2013.9.12

進化型ビタミンC「VC200」配合 毛穴・大人ニキビ用スキンケア シーボディVCシリーズ

進化型ビタミンVC200を主成分として開発され、皮膚科処方に限りなく近い成分を配合した「毛穴・ニキビケア用」スキンケアライン「シーボディ V…

管理人が選ぶベストコスメランキング

アイテム別にランキングを発表!

12000円で買えるB.Aのクリーム

レビュー記事はこちら

化粧品選びの参考に
いつもの化粧品に手応えを感じにくくなってきたとき、成分で選んでみるのもオススメ。
新成分・話題の美容成分配合化粧品のまとめ

おすすめ記事

※当サイト内の画像や文章の無断転載・転用については固くお断りします(出典/引用元をリンク付きで記載する場合も含みます)。
ページ上部へ戻る