紫外線吸収剤と紫外線錯乱剤のメリット・デメリット 紫外線吸収剤不使用(ノンケミカル)の日焼け止めもご紹介

イメージ

そろそろ本格的な夏を迎える季節となりましたね。
外に出るときはもちろん、家の中であっても忘れてはいけないのはUV対策。
最近では紫外線吸収剤不使用(ノンケミカル)の日焼け止めがもてはやされていますが、そもそも紫外線吸収剤とは何なのか?ノンケミカルの日焼け止めとは何なのか?ということを今日はお話しさせていただきます。

日焼け止めには大きく分けて「紫外線吸収剤」と「紫外線錯乱剤」の2種類があります。
紫外線吸収剤とは、皮膚の表面で紫外線を吸収し、化学的にエネルギーに変えて放出することで紫外線が肌の内部に侵入するのを防ぐものです。
紫外線散乱剤とはその名のとおり、肌の表面で紫外線を跳ね返すことで、紫外線が肌に当たるのを防ぐものです。

「紫外線吸収剤」と「紫外線錯乱剤」のメリット・デメリット

紫外線吸収剤のメリット
・紫外線を防ぐ力が強く、SPF値が高い
・ウォータープルーフ、汗に強い
・白浮きせず、なめらかで使い心地が良い

紫外線吸収剤のデメリット
・防御力が高い分、肌への負担が大きく、人によっては刺激を感じる場合がある
・専用クレンジングが必要な場合がある
・塗り直す必要が

それともうひとつ。
紫外線吸収剤は化学変化が起こるにつれて分子が壊れるため、紫外線を防ぐ力が徐々に弱くなっていくということはご存知ですか?
SPF値が高いからとかウォータープルーフだからといっても塗り直しが不要というわけではありません。
やはりこまめに塗り直す必要があります。

紫外線錯乱剤のメリット
・有機化合物ではないので肌への負担が少ない
・専用クレンジング不要

紫外線錯乱剤のデメリット
・白浮きしやすい、ベタベタした使用感など使い心地の悪さを感じるものもある
・SPF値が低いため、こまめに塗りなおす必要がある
・汗に弱い

紫外線吸収剤と紫外線錯乱剤のどちらがいいのか?

m010213

紫外線吸収剤と紫外線錯乱剤のどちらがいいということは、一概には言えません。

一日中室内で過ごすのにSPF値の高い日焼け止めは必要ないですし、逆に海へ出かけるのにSPF値が低いものでは心配ですよね。
ベタベタした使い心地がどうしても苦手という場合もあると思います。
紫外線吸収剤で肌に刺激を感じる方もいると思いますが、紫外線錯乱剤で刺激を感じる方も中にはいます。

まずは、自分の肌に合っているかを確認することが大切です。
そのうえで、使用シーンや使い心地などで使い分けるのがいいのではと私は思います。

日焼け止めの基礎知識 SPF、PAとは
日焼け止めに表示されている「SPF、PA」ですが、
「SPF」は紫外線B波、「PA」は紫外線A波の防止効果を表しています。
SPF値はSPF1=20分として紫外線B波をカットする時間を示しています。
PA値は4段階で表示され、+(プラス)の数が多いほど紫外線A波をカットすることを示しています。

紫外線吸収剤フリー(ノンケミカル)の日焼け止め

実は最近になって、身体の方に紫外線吸収剤による刺激を感じるようになってしまいました。
歳を重ねるといろいろ変化がありますね。
化粧品メーカーのものであれば「紫外線吸収剤フリー」とか「ノンケミカル」と大きくうたっているものが多いのでわかりやすかったのですが、ボディ用なのでそれほど高価なものは必要ありません。

手ごろな価格のものをと思い探してみたので、下記に備忘録として書いておきます。
ご参考までにどうぞ。

<1,000円台で買える日焼け止め>
DHC
DHC薬用サンブロック
DHCホワイトサンスクリーン
DHCボディ サンスクリーン ミルク(日やけ止め)
DHCベビー&ママ サンガード

シンシアガーデン
ママバター UVケアクリーム

ファンケル
サンガード25 デイリーUV (SPF25・PA+++)

もっと紫外線吸収剤フリーの日焼け止めを探す
ケンコーコム
日焼け止め 紫外線吸収剤不使用(ノンケミカル)icon
Yahoo!ショッピング
日焼け止め 紫外線吸収剤不使用(ノンケミカル)
楽天市場
日焼け止め 紫外線吸収剤不使用(ノンケミカル)

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


コメントに日本語が含まれない場合は、投稿できませんのでご注意ください。(スパム対策)

キャンペーン・おトク情報

ヒアルロン酸 美潤 お試し8日分100円

2009.4.18

飲む低分子ヒアルロン酸コラーゲン「ヒアルロン美潤」のお試し8日分100円にリニューアル

飲む低分子ヒアルロン酸 美潤を1週間試してみました。 40代も半ばになると、ヒアルロン酸とかコラーゲンを摂取するとその効果が顕著に現れ…

管理人が選ぶベストコスメランキング

アイテム別にランキングを発表!

化粧品選びの参考に
いつもの化粧品に手応えを感じにくくなってきたとき、成分で選んでみるのもオススメ。
新成分・話題の美容成分配合化粧品のまとめ

おすすめ記事

※当サイト内の画像や文章の無断転載・転用については固くお断りします(出典/引用元をリンク付きで記載する場合も含みます)。
ページ上部へ戻る