自然派コスメ「KouZen」10日間レポート

季節の変わり目になるとお肌が敏感になってくる、いわゆる「ゆらぎ肌」な私。
スキンケア化粧品が、ピリピリってしみてくる事も・・・
そんな敏感肌な私でも使える、自然派スキンケア「KouZen」を使ってみました。

いままで使ったことのある自然派スキンケアは、保湿がいまひとつという事が多かったのですが、KouZenはしっかりと潤うスキンケア化粧品でしたよ~♪
このトライアルセット、量も多くかなり豪華!
10日間たっぷり使うことができました(*^^)v

KouZenは、玄米核酸発酵エキス配合の自然派スキンケアです。
玄米核酸って聞きなれない言葉ですよね。
核酸とは、お肌の生まれ変わりで重要な役割を担っているDNAやRNAのことです。
核酸は体内で合成されますが、年齢とともに合成能力が低下して様々な老化現象を引き起こすんです。
KouZenは玄米核酸発酵エキスを配合することによって、加齢や紫外線などで減少した核酸を補給し細胞の再生力を高めることによって、さまざまなお肌の悩みに根本から働きかけるんです。
だから、潤いを補うのではなくて潤いある肌を作りだすスキンケアなんです。

●クレンジング
透明なジェルクレンジングです。やや固めな感じだったんですが、肌にのせてなじませるとスルスルっと伸びていきます。少量の水をなじませてから水で洗い流すとさっぱり!ベタつきのないところが、かなり気に入ってしまいました!

●洗顔フォーム
きめ細かくボリュームのある泡立ちの洗顔フォームです。
洗いあがりもツッパリ感がなく、むしろしっとりとしている感じです。
ネットを使わずにこの泡を作ることができました!

●スキンローション
サラッとした使い心地です。それでいて、どんどん肌に吸収されていく感じ!コットンでパッティングしなくても肌に入っていく感じです。

●保湿クリーム
年齢とともに減少する核酸をたっぷりと補給する保湿クリームです。
クリームなんですが、乳液に近いやわらかなテクスチャです。肌の上で伸ばすとさらにゆるやかな感じになり伸びの良いクリームです。つけ心地はサラサラでふっくらとした感じがとても気持ちいいですよ。

●いな穂のしずく モイスチュア・エッセンス
玄米核酸発酵エキス100%原液のエクセレントな美容液です。

細胞レベルに働きかけて、シワ・シミ・くすみなどの肌トラブルを回復させていく、まさにエイジングケア美容液です。
このミニチュアでも2,100円相当のお値段なんです。それが980円のトライアルに入っているのだから、それだけでもすご~くお得ですよね!

そして、この基本セットの他に1本分に匹敵するほどの美容液を含んだマスクとポーチまでついてきます。

マスクはもちろん現品です。
1枚500円ですから、このトライアルセット本当はいくらになるんでしょうね・・・
ものすご~く得をした気分になれるトライアルセットです(笑)

10日間使っての感想
とにかく、すべてのアイテムの使い心地が好きでした!
10日目のスキンケアチェックの結果はこちら。

水分と柔らかさが+2になりました。
(油分はなぜかいつも多いのです・・・+5)
ものすごく潤っているという数字ではないのですが、毛穴が以前より目立たなくなってきたんです!
それと、お化粧をすると特に目立っていた、目じり下部分にあった小じわが目立たなくなってきました!
玄米核酸発酵エキスが私の中でがんばっているのかな~
紫外線も多くなってきたいまの季節の「ゆらぎ肌」も、しっとりと潤してくれるスキンケア化粧品でしたよ(^^)

販売店:【核酸美容】プインプルWEBショップ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. 自然派化粧品

    健康情報ポータル「ケンブロ」の自然派化粧品情報です

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


コメントに日本語が含まれない場合は、投稿できませんのでご注意ください。(スパム対策)

キャンペーン・おトク情報

アンサージュ

2013.7.1

毛穴エイジングケアに着目した化粧品 アンサージュ(ansage)パーフェクト毛穴4点セット

毛穴対策コスメとして口コミでも高評価のアンサージュ4点セットをモニターさせていただきました。アンサージュの化粧品4点すべてに大人の女性の毛穴…


▼100円モニター募集中▼


▼500円モニター募集中▼

管理人が選ぶベストコスメランキング

アイテム別にランキングを発表!

12100円で買えるB.Aのクリーム

レビュー記事はこちら

化粧品選びの参考に
いつもの化粧品に手応えを感じにくくなってきたとき、成分で選んでみるのもオススメ。
新成分・話題の美容成分配合化粧品のまとめ

おすすめ記事

※当サイト内の画像や文章の無断転載・転用については固くお断りします(出典/引用元をリンク付きで記載する場合も含みます)。
ページ上部へ戻る