W洗顔不要「セルフューチャー 洗顔バーム」とろけるバームが毛穴の汚れ・くすみをやさしくオフしてくれます

セルフューチャー洗顔バーム

「セルフューチャー洗顔バーム」をモニターさせていただきました。
セルフューチャー洗顔バームは、86%がホホバ種子オイルをはじめとした肌にやさしい植物由来成分を洗浄成分とするクレンジングです。
W洗顔不要でありながら、毛穴の汚れやくすみなどをやさしくオフ。
ヒアルロン酸、コラーゲン、プラセンタエキスなどが配合されているので、洗顔後はしっとりです。
とろ~りとろけるテクスチャーがとっても気持ちいいクレンジングでした。
セルフューチャー洗顔バーム

セルフューチャー 洗顔バームを使ってみた感想

とろけるバームが気持ちいい~
このテクスチャー、すっごく好きなタイプ!
容器に入っている状態は固めなんですが、体温でとろけてオイル状に変化するんです。

容器に入っている状態はリップバームのようなちょっと固めのテクスチャーです。

セルフューチャー洗顔バームのテクスチャー

これを専用のスパチュラで取り出し、手のひらの上でくるくるとなじませると、あっという間にとろけていきます。
ベタつきやヌルヌルした感じは一切なく、軽い使用感。
オイルのようなミルクのような・・・そんなテクスチャーに変化します。

セルフューチャー洗顔バーム オイルに変化する

スルスルと伸びるので摩擦が少なく、肌への負担を感じません。
洗い流した後は油膜感がなくスッキリ。
それでいて保湿感がしっかり残ります。
毛穴のつまりや黒ずみまでもやさしくオフしてくれるので、洗顔後の肌がすっきりして本当に気持ちいいです。

1回の使用量は「さくらんぼ大」です。

セルフューチャー洗顔バームのテクスチャー

クルクルとなじませるだけでファンデーションが浮き上がります。
溶けていくような感覚に近いかな。

セルフューチャー洗顔バームの使い心地

ウォータープルーフのアイラインやマスカラも問題なく落とすことができました。
やさしく洗いたい目の周りにも、摩擦の少ないセルフューチャー洗顔バームはとても使いやすいです。

スパチュラはフタ裏にしまっておくことができるので、紛失する心配がありません。

セルフューチャー洗顔バームのスパチュラ保存方法

W洗顔不要、朝の洗顔にも使えるのもありがたい!
セルフューチャー洗顔バームはW洗顔不要です。
クレンジングと洗顔が同時にできるのって本当にラクチンですよね~。
また、セルフューチャー洗顔バームは朝の洗顔にも使えるんです。
泡立てる手間のない洗顔料は、忙しい朝は特に便利だなと感じます。

セルフューチャー洗顔バーム

あらゆるタイプのクレンジング剤の良いとこどり!

「肌にやさしい」「洗浄力が高い」など、クレンジング剤にはそれぞれ良い所があります。
オイルタイプ・・・洗浄力
ミルクタイプ・・・肌へのやさしさ
クリームタイプ・・・保湿力
泡タイプ・・・摩擦の少なさ
シートタイプ・・・手軽さ

これらすべてを合わせ持つのが「セルフューチャー洗顔バーム」なんです。
確かに、摩擦が少ないので肌にやさしいなと感じるし、洗浄力がありながらしっとりとした保湿感が残ります。
ベタベタしないのでクレンジングの油膜感が苦手な方でも問題なく使えるテクスチャーです。
W洗顔不要なので手軽ですし。朝の洗顔にも使えるので経済的。
毎日忙しい主婦やOLさん、子育て世代の方、クレンジング選びに悩んでいる方にもぜひ使ってみていただきたいなと思います。

セルフューチャー洗顔バームはこんな方におすすめ
●肌にやさしいクレンジング剤を探している方
●毛穴の黒ずみが気になる方
●肌のくすみが気になる方
●エイジングケアをしたい方
●洗顔後しっとり潤いがほしい方
●洗顔に時間をかけたくない方

セルフューチャー洗顔バーム

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


コメントに日本語が含まれない場合は、投稿できませんのでご注意ください。(スパム対策)

キャンペーン・おトク情報

rara4

2016.10.3

「天使のララファーストセラム」いつものスキンケアが特別なものに変わる導入美容液

天使のララファーストセラム(導入美容液)をモニターさせていただきました。 スキンケア化粧品の効果を高める作用があるブースターコスメは、エイ…

管理人が選ぶベストコスメランキング

アイテム別にランキングを発表!

化粧品選びの参考に
いつもの化粧品に手応えを感じにくくなってきたとき、成分で選んでみるのもオススメ。
新成分・話題の美容成分配合化粧品のまとめ

おすすめ記事

※当サイト内の画像や文章の無断転載・転用については固くお断りします(出典/引用元をリンク付きで記載する場合も含みます)。
ページ上部へ戻る