記事の詳細

あつあつのカレーやドリアなどを食べるときは口当たりのやさしい木製のスプーンを使っています。
でも、カップスープを飲むとき。ちょっとだけ柄が長いんだよな~といつも感じていました。
「長さが15cm位で、口に入れる部分はカレースプーンと同じくらいのもの」を理想として探していたのですが、やっと見つけました!

木製スプーン 長さ15cm
口あたりがやさしい木製カトラリー

木製食器の良いところ

私が考える木製食器の良いところは、次のとおりです。

●熱を伝えにくいので、熱くなりにくい
●口当たりが良い
●軽く、手触りが良い
●一つ一つ個性があるので愛着がわく
●見た目がおしゃれ

スプーンで言えば、口の中に入れたとき金属製のスプーンのように歯に当たってカチカチしない点も私は好きです。

カップスープにちょうどいい長さ15cmの木製スプーン

今日ご紹介する木製スプーンは、ベルメゾンオリジナルブランド「BELLE MAISON DAYS」の商品です。
長さは15.5cmなので、一般的なカレー用スプーンと比べると少し短めです。

ベルメゾンデイズ 木製スプーン 長さ比較

なぜこの長さが理想だったかというのは、以下の写真をご覧ください。

ベルメゾンデイズ 木製スプーン

こんな風にカップスープを飲むとき、ちょうどいい長さなんです。
18cmのスプーンでも何ら問題はないのですが、なんか違うよな~と思っていて(笑)

手に持つとこれくらいのサイズです。

ベルメゾンデイズ 木製スプーン15cm

大人用では大きすぎる、手の小さなお子さんにもピッタリサイズのスプーンだと思います。

柄のカーブの角度が絶妙

実際に持ってみるまで分からなかったのですが、柄のカーブの角度がちょうどいいからなんでしょうね。サイズは短めなのに手にしっくりなじみ、とても持ちやすいんです。

ベルメゾンデイズ 木製スプーン 柄のカーブの角度

この辺りも計算されているのかしらね?

口あたりがなめらかな薄さと形状

ベルメゾンさんによると、『木製カトラリーのイメージを一新するような先が薄くて口あたりのいいカトラリー』なんだそうです。
確かに口あたりのよさは使うとよくわかります。
先のほうが薄くなっているので口に入れるとき(出すとき)、引っ掛かりなくスッと口に入る(出る)感じがしますね。

ベルメゾンデイズ 口あたりがやさしい木製スプーン 先の形状

もちろんスープだけじゃなく、カレーなどマルチに使えるスプーンです。
そういえば、最近はこのスプーンばっかり私は使っているかも。
使いやすいからなのか、自然とこのスプーンに手が伸びてしまうようです。

ウレタン塗装なのでメンテナンス不要

見た目には何も塗られていないようですが、表面はしっかり水をはじくウレタン塗装が施されています。

ベルメゾンデイズ 口あたりがやさしい木製スプーン ウレタン塗装

表面がオイル仕上げの木製食器はメンテナンスが必要ですが、ウレタン塗装がしてあるスプーンはメンテナンスの必要はありません。
また、ウレタン塗装は木の表面に堅い膜を作る塗装なので、耐久性に優れています。

変なテカリもなく、あくまでもナチュラルな木製スプーン。
商品が届いたとき「ちょっと短かすぎたかな?」と思ったのですが、使ってみるとやはり「私の理想としていたスプーン」でした。

こちらで購入できます
口あたりがやさしい木製カトラリー

●主材/天然木(ビーチ材(ウレタン塗装))
●電子レンジ使用不可
●食器洗浄機使用不可

口あたりがやさしい木製カトラリーは、シリーズ商品です。
小さいスプーン、フォーク、レンゲスプーンもあります。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ベルメゾンネット
ベルメゾンネット
ベルメゾンネット

運営サイト・ブログ

コスメサーチコスメサーチ
エイジングケアコスメのレビュー

ホームベーカリーとお菓子のレシピホームベーカリーとお菓子のレシピ
簡単パンとお菓子のレシピ

家事が変わる本当に使える道具選び家事が変わる本当に使える道具選び
厳選!家事便利グッズのレビュー

高校生男子のお弁当 毎日簡単ラク弁日記毎日簡単ラク弁日記
息子たちのお弁当写真とレシピ

ほんわか暮らしレシピほんわか暮らしレシピ
日々の徒然日記

スロージューサーで朝ジュース生活スロージューサーで朝ジュース生活
酵素ジュースのレシピもあります

おしゃれで便利なキッチングッズ・生活雑貨おしゃれで便利なキッチングッズ・生活雑貨 旧レビューブログ

フェリシモ「コレクション」

ベルメゾンネット

※当サイト内の画像や文章の無断転載・転用については固くお断りします(出典/引用元をリンク付きで記載する場合も含みます)。詳しくはこちらをお読みください

ページ上部へ戻る