古い角質をやさしくふき取るローション&コットン

季節の変わり目ということで、肌がカサカサしてきていませんか?
そんな時におすすめな角質ケア用のローションとコットンをご紹介しますね(^-^)
まずはこちら。
私も長年愛用しているクリニーククラリファイングローションです。

エクスフォリエーションの象徴であり、じつはアンチエイジングの名品とも言われている「クリニーク クラリファイング ローション」。
クラリファイングローションは、古い角質を取り除き、肌をなめらかにして、うるおいを受け入れやすい肌に整えるローションです。

クラリファイング ローションの最大の特徴は角質ケア。
「肌がカサカサしているな」とか「くすみが気になるな」ってとき、もしかしたら角質がはがれ落ちずに肌に残っているのかも・・・
そんな時にぜひ使ってみていただきたいローションです。

古い角質が肌に残っていると、次につける化粧水や美容液も浸透しにくくなってしまいます。
いくら高価な化粧品を使っても、これじゃもったいないですよね。

クラリファイング ローションは肌質によって4種類から選ぶ事ができます。
一番人気なのは、『乾燥~混合肌』用のクラリファイング ローション2ですが、一番刺激が弱く『乾燥肌』用ということで私はクラリファイング ローション1を使っています。
(『2』は刺激を感じる方も多いようで、『1』と『2』を混ぜて使う人もいるようです。)
朝・晩の洗顔後、顔や首にコットンでやさしく拭き取ります。
拭き取るというより、なじませるという感じです。
毎日じゃなく、週2~3回の使用でもOKです。
使えば使うほど、ツルツルになっていくのがわかりますよ(^-^)

クラリファイングローションと一緒に使っているのがこちらのコットン。
オードゥイレイス 毛穴レスコットン 角質クリアです。



表面に凹凸のある特殊エンボス加工を施しているため、優しく肌をなでるだけで古い角質や汚れをからめとってくれます。
化粧水をたっぷり吸収し、拭き取り後のパッティングにも最適!



コットンに残っているローションで首やひじ、ひざもクルクルっと拭きとってみてください。
何回か使っていると、古い角質がポロポロと落ちてくるようになり、次第にツルツルのお肌になってきますよ(v^ー°)
50枚入り600円とコットンとしてはちょっと高めの値段ですが、毛羽立ちもなく、柔らかな使い心地の肌にやさしい高級なコットンと言う感じです。

たっぷり使える400ml入りボトル
私がいつも購入しえいるのは、たっぷり入った400ml入り。その400ml入りが今回とっても安く買えたんです!
クリニーククラリファイングローション1 400ml (税込 2,919 円)
お店によっては、200ml入りよりも安い値段です。

クラリファイングローションは、もともと高いものではないので、おしみなく使えるところも良いですよ。

口が大きいのが長所でもあり短所でもあり
ご覧のように容器の口が大きいんです。

一度にたくさん出てくるので、量の加減が難しい・・・
万が一フタが開いたまま容器を倒したら、大量にこぼれて残念なことにも(笑)
これは「たっぷり使うため」なんでしょうね。

コットンはマードゥレクス公式ホームページなら送料無料
エクスボーテでおなじみのマードゥレクス公式ホームページは全品送料無料なのでコットンひと箱でも送料無料です。
それじゃあまりにも申し訳ないので、私はいつもコットンもまとめ買いしているんですけどね(笑)
エクスボーテ 楽天市場店

美容ブログ アンチエイジング
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


コメントに日本語が含まれない場合は、投稿できませんのでご注意ください。(スパム対策)

キャンペーン・おトク情報

BMペプチド柚子味

2017.10.20

進化したコラーゲンペプチド「BMペプチド5000」からゆず味登場!はじめてセットが期間限定51%OFF

ゼラチン・コラーゲン製造において国内シェアNo.1の「ニッタバイオラボ」で販売しているゼリータイプのコラーゲン「BMペプチド5000」から“…

管理人が選ぶベストコスメランキング

アイテム別にランキングを発表!

12000円で買えるB.Aのクリーム

レビュー記事はこちら

化粧品選びの参考に
いつもの化粧品に手応えを感じにくくなってきたとき、成分で選んでみるのもオススメ。
新成分・話題の美容成分配合化粧品のまとめ

おすすめ記事

※当サイト内の画像や文章の無断転載・転用については固くお断りします(出典/引用元をリンク付きで記載する場合も含みます)。
ページ上部へ戻る