記事の詳細

「ピタント」「マジックブレッド」「カラーラ」「セラフィット」を使った感想

今回ご紹介したお料理に使用した、「ピタント」「マジックブレッド」「カラーラ」「セラフィット」について、実際に使ってみての感想です。

◆フードシーラー ピタント
フードシーラー ピタント
フードシーラー ピタント
明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』

フードシーラー ピタントは、専用バッグを使い、食品を真空パックにする調理家電です。
ボタン一つで脱気からシール(袋の口をとじる)までが自動という点が本当に便利だなと思いました。
何も考えなくてもいいんですものね。
野菜などペシャンコにしたくない食品は自動にせず、自分で脱気加減を調節することも可能です。
専用バッグの大きさ(長さ)も入れる食品に合わせて自由にカットすることができるため、自由度も高いなと感じました。

今回は塩麹をもみ込んだ鶏肉を真空パックにしたらすぐにお湯に入れ調理していますが、そのまま一晩つけ込めば何日もつけ込んだようにしっかり味が浸みこむのも真空パックの特徴です。
また、真空パックすることにより、酸化・水分発散・菌の繁殖を抑制して食材の鮮度を長持ちさせることができます。
使いかけの野菜、お肉や魚も真空パックすることで鮮度が長持ちします。
真空パックにしてから冷凍すると、冷凍やけを防ぐこともできます。
このようにフードシーラーは、味をしみ込ませたり食品を長持ちさせたりなど、日常的に活躍してくれるアイテムです。

フードシーラー ピタントはモニターさせていただけることになっているので、後日詳しくレビューします。

◆マジックブレッド デラックス
ショップジャパン マジックブレッド
マジックブレット デラックス
明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』

今回のお料理教室で一番活躍していたのがマジックブレッドでした。
マジックブレッドは、1台でジューサー・ミキサー・ミルとして使える調理家電です。
付属の刃(2種類)を変えることで、「刻む」「おろす」「する」「泡立てる」などが可能。
氷を砕いたりコーヒー豆を挽いたりできるほどのパワーがあります。
お肉をミンチにすることもできます。

使い方も簡単で、材料が入ったカップを本体にセットしたら上からプッシュするだけ。
本体にセットするカップを変えるだけで手作りジュースはもちろん、生クリームを泡立てたりなど、お料理だけじゃなくお菓子作りにも使え、日々の暮らしに役立つアイテムです。

フードミキサーは私も愛用していますが、お料理の下ごしらえになくてはならないものになっています。
面倒な野菜のみじん切りやゴマをすりおろすのもあっという間。
かなり時短になっています。

マジックブレッドはコンパクトサイズなのが特にいいです。
「出す・洗う」が面倒であれば、ついつい使わなくなってしまうものです。
その点マジックブレッドは出しっぱなしでも邪魔にならず、洗うのもラクちん(カップと刃だけ)。
いつでも手の届くところに置いておけるので、使用頻度も高くなると思います。
刃の種類も2つなので、迷わずに使えるところもいいと思います。

コンパクトサイズのフードミキサーはキッチンで役立つこと間違いなし!
一押しの調理家電です。

シルバーの他に、光沢感のあるパールピンクも新登場!

マジックブレッド パールピンク

◆カラーラ
カラーラ
カラーラ
明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』

「本体が大きい、少量しか作れない、コンベクション機能がついたオーブンレンジは持っているし」ということで、正直ずっとスルーしてきた調理家電でした。
でも、思ったほど大きなものではなかったというのが見た目の感想です。
聞いたところ、従来品より20%もコンパクトサイズに改良されているのだそうです。
それでもやはり一度にたくさんは作れないので、2~3人家族にちょうどいい量だと思います。

高温の熱風を循環させるコンベクション調理は、外はカラッと中はジューシーに仕上げる特徴があります。
水分が飛んでパサつきがちな食材も、ふっくらおいしく出来上がります。
本体にプリントされたレシピを見ると魚やトーストも焼けるようなので、カラーラがあればグリルやオーブントースターは不要になるかも?

カラーラ 魚やトーストも焼けます

他にも、お惣菜の揚げ物などをカラーラで温め直しをすると、余分な油を落してくれるのでサクッとなります。
低温調理でローストビーフ、丸型なべ(別売り)を使ってケーキを焼くことも可能です。
形は違っても、オーブン的な使い方ができるんですね。

揚げ物ってキッチンは汚れるし、後片付けも面倒。
その点カラーラなら油も使わずヘルシー。
当然キッチンは汚れないし後片付けも簡単です。
小さいお子さんがいると危険なので揚げ物はしないといったご家庭でも、気兼ねなく使えるのではないでしょうか。
毎日6~7人分の料理を作る我が家の場合もあと数年で夫婦二人になるはずなので(たぶん)、その時は真剣に購入を考えてみたいです!

◆セラフィット
セラフィット
【Shop Japan(ショップジャパン)公式】【正規品】セラフィット
明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』

実は今回のお料理教室で使用したセラフィットは、今年6月に発売予定のリニューアル商品です。

セラフィットは、コーティングにセラミックを使用しているため食材がくっつきにくく、耐久性にも優れたフライパンです。
熱回りのよさとセラミックの遠赤外線効果で芯までおいしく火がとおります。
また、取っ手のとれるセラフィット フュージョンは、オーブン調理が可能。そのまま食卓に出すことができます。
IH、ガスなどすべての熱源に対応。
食器洗い器にも対応しています。

が!

購入から2~3ヶ月ほどで「焦げ付きはじめた」「くっつきやすくなってきた」といった声が多いのも事実。
本当のところはどうなんだろう?と気になっていました。

長持ちしない原因は何だと思いますか?という質問をぶつけてみました
使用する際の注意として、以下の答えをいただきました。

●強火に弱いので火加減は弱~中火で調理する
●上限温度は200℃です
●温度変化に弱いので急に冷やさない
●表面に傷が入ると戻らないので金属製のヘラなどは使わない

なるほど。テフロン加工のフライパンを使用する際の注意と似ていますね。
上限温度がわりと低いのだということがわかりました。

今回リニューアルされた新商品は、硬度と撥水性を備えたダイヤモンドセラミックコーティングにより、従来のセラフィットよりもくっつきにくさ・焦げ付きにくさを大幅に改良。
焦げ付きにくさが5倍長持ちするようになりました。
ショップジャパン社員さんが3ヶ月かけてパンケーキ5000枚を焼く実験を行い、焦げ付きにくさを実証したのだそうです。

リニューアルされたセラフィット

でも、「焼くのはパンケーキだけじゃないでしょう?」と思ったそこのあなた。
そのとおり!私も同じことを考えました。
毎日のお料理に使って、どれくらい長持ちするのかが気になるんですよね。
新セラフィットをモニターさせていただけることになっているので、後日本気の数か月レポートします!

【Shop Japan(ショップジャパン)公式】【正規品】セラフィット
セラフィット フュージョン 取っ手がとれるタイプ

購入は公式サイトが安心&お得です

公式オンラインショップのメリット

1.信頼できる正規販売元
公式ショップだからすべて正規品。
模倣品などの心配をすることなく、安心して購入できます。

2.安心の修理保証
万が一の故障に備えた修理保証もついているので、購入後も安心してご利用になれます。

3.定期購入も選択可能
継続して使用可能な商品では、手続きなく定期的に商品をお届けするサービスもお選びいただけます。

4.お得なキャンペーン
送料無料だったり、プレゼント品がついてきたりなど、公式サイトだけのお得なキャンペーンがあります。

明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』

【もくじ】
1.ショップジャパン×尾身奈美恵先生のプチお料理教室へ参加しました
2.ピタントで作る「しっとりチキンサラダ ジュノベーゼソースがけ」
3.カラーラで作る「アーモンドサーモン」
4.マジックブレッドとセラフィットで作る「パンケーキ イチゴソースがけ」
5.ピタント、カラーラ、マジックブレッド、セラフィットを使った感想 ← いまはココ

line730

スポンサーリンク

ページ:
1 2 3 4

5

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PREMOA(プレモア)

運営サイト・ブログ

コスメサーチコスメサーチ
エイジングケアコスメのレビュー

ホームベーカリーとお菓子のレシピホームベーカリーとお菓子のレシピ
簡単パンとお菓子のレシピ

家事が変わる本当に使える道具選び家事が変わる本当に使える道具選び
厳選!家事便利グッズのレビュー

高校生男子のお弁当 毎日簡単ラク弁日記毎日簡単ラク弁日記
息子たちのお弁当写真とレシピ

ほんわか暮らしレシピほんわか暮らしレシピ
日々の徒然日記

スロージューサーで朝ジュース生活スロージューサーで朝ジュース生活
酵素ジュースのレシピもあります

ローカロ生活 ダイエット体験レポートローカロ生活ダイエット体験レポート
5㎏の減量に成功したダイエットレポート

おしゃれで便利なキッチングッズ・生活雑貨おしゃれで便利なキッチングッズ・生活雑貨 旧レビューブログ

ベルメゾンネット

※当サイト内の画像や文章の無断転載・転用については固くお断りします(出典/引用元をリンク付きで記載する場合も含みます)。詳しくはこちらをお読みください

ページ上部へ戻る