メイクした上からでも簡単に産毛処理ができるエピスティック(エピローラー)

クルクルするだけの脱毛スティックでくすみ・毛穴の悩みも解消
TVなどでもよく見かける、台湾伝統の糸を使ってピッピと毛を抜いていくうぶ毛とり「挽面」。
ちょっと痛いけど本当にお肌がツルツルになると評判ですよね(^^)
それをヒントに開発されたのがこちらのEPISTICK(エピスティック)

本当に簡単でおもしろいくらい、うぶ毛が取れちゃいますよ♪


こちらは大・小2本セットになっていますが、それぞれ1本ずつでも購入できます。
大きさはこれくらいです。あまり違いがわかりませんね・・・(^^ゞ

大のほうは、頬・額・フェイスラインなどに。
小のほうは、眉間・こめかみ・口の上・あご・まゆ周辺・耳たぶなど細かい部分のお手入れに使います。
中央部分がバネになっていて、下の写真のようにエピスティックを顔に当て、クルクルと回転させることで、うぶ毛を巻き込んで抜くという仕組みです。

目の上は凹凸があり、皮膚も薄いので上手に抜けませんでした(私の腕が悪いのかも??)。
まゆ周辺もちょっと難しかったですね。
失敗がこわいので、まゆ周辺はいつもどおり、ハサミか毛抜きを使用しています。
毛を抜くのですから、チクっとした多少の痛みはあります。
でも、プチプチという音をたてて抜けていくのが、なかなかの快感です。
けっこうクセになります(笑)
剃るのではなく抜くため、次に生えてくるまでにちょっと時間が開くようになりました。
カミソリをあてるより、お肌のためにもいいような気がします。
とにかく簡単!いつでも手軽に使えるところがいいです。
お化粧した後に、「あ!うぶ毛が・・・」という時でも、クルクルと脱毛♪
使い方にはコツがいるらしいのですが、私はわりとすぐに使い慣れましたよ♪
しいて言えば、コツはスティック部分をしっかりと深く握ることです。
写真左のように先っぽを軽く握るのではなく、写真右のようにしっかりとです(^^)

このほうがスティックを回転させやすいです。
注意する点は、髪の毛やまつ毛を巻き込まないようにする事くらいです。
あと、やりすぎはよくないようです。
お肌が弱い方は、やりすぎると赤くなる事があるようですので、はじめは朝ではなく夜使用してみるのがいいと思います。

エピスティック使用後はツルツルになるし、うぶ毛がない分、肌に透明感が出るような気もします。
邪魔なうぶ毛がなくなった分、お化粧のノリはたぶんよくなっていると思います!

エピスティックが使いやすくなった「エピローラー」が新登場

旧タイプは両手を使わなくてはいけなかったので使いにくかった!新しくなったエピは片手でコロコロ転がすだけ!簡単に使えるようになりました。顔用の他に足・腕用も登場!

【楽天市場】うぶ毛エピローラーを探す(安い順に表示されます)

【Yahoo!ショッピング】うぶ毛エピローラーを探す(安い順に表示されます)

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


コメントに日本語が含まれない場合は、投稿できませんのでご注意ください。(スパム対策)

キャンペーン・おトク情報

プラチナVCセラム 半額キャンペーンのお知らせ

2015.8.1

【割引キャンペーン】敏感肌OKのシミ・くすみ用美容液プラチナVCセラム

コラーゲンの力でお肌のシミ・くすみをケアできる美白美容液「プラチナVCセラム」のトライアルサイズが、割引キャンペーンを実施中です! 通常価…

管理人が選ぶベストコスメランキング

アイテム別にランキングを発表!

化粧品選びの参考に
いつもの化粧品に手応えを感じにくくなってきたとき、成分で選んでみるのもオススメ。
新成分・話題の美容成分配合化粧品のまとめ

おすすめ記事

※当サイト内の画像や文章の無断転載・転用については固くお断りします(出典/引用元をリンク付きで記載する場合も含みます)。
ページ上部へ戻る